レース史

​ 1981年にアソシアシオン・ラティーノアメリカーナ・デ・ジョッキークルブス・エ・イポドロモスというレース名で創設された。レースの主催者は南米競馬機構(OSAF)であり、南米各国が代表馬を選出して争われる。そのため、競馬の南米選手権と言われることがある。開催地は日本のJBC競走のように毎年変わり、競馬場によって開催される馬場も距離も異なる。2014年からロンジンがスポンサーにつき、グラン・プレミオ・ラティーノアメリカーノという名称に変わった。ロンジンとの契約は2023年までであり、現在は契約更新の交渉中である。2015年から2017年までは、勝ち馬にGⅠキングジョージ6世&クイーンエリザベスSの優先出走権が与えられた。

​ 2000年~2003年はスポンサー不足による資金難のため開催中止になった。2018年はウルグアイのマローニャス競馬場で開催されたが、チリで馬インフルエンザが流行したため、ウルグアイ保健省の指示によってチリ代表馬が参加を拒否された。その埋め合わせとして、2019年はチリのサンティアゴ競馬場で開催された。2020年はCovid-19の影響でレース史上初の無観客開催となった。また、2021年3月はペルーのモンテリーコ競馬場で開催予定だったが、Covid-19の感染状況により2021年10月に順延、会場もウルグアイのマローニャス競馬場に変更となった。

記録

最多勝利騎手

ジョルジ・ヒカルド

5勝(91年, 94年, 96年, 98年, 07年)

最多勝利調教師

ジョアン・マシエル

3勝(91年, 94年, 96年)

最多優勝国

ブラジル

10勝(81年, 82年, 83年, 85年, 91年, 94年, 96年, 98年, 09年, 16年)

チリ

10勝(84年, 88年, 90年, 95年, 97年, 10年, 12年, 13年, 19年, 22年)

最多開催競馬場

サン・イシドロ競馬場

​7回(82年, 92年, 98年, 05年, 11年, 20年, 23年)

騎乗女性騎手

マリーナ・レスカーノ

(1984年、エルアセソール)

アンドレア・マリーニャス

(2011年、カフルーネ)

レース結果(1981年~)

1981年

マローニャス競馬場

ダ2000m

国旗

ダークブラウン

Dark Brown

​騎手:

アントニオ・ボリーノ

父:

タンブルラーク

1982年

サン・イシドロ競馬場

芝2000m

国旗

デュプレックス

Duplex

​騎手:

ジョルジ・ガルシーア

父:

ブリーダーズドリーム

1983年

シダーヂ・ジャルヂン競馬場

芝2000m

国旗

デレク

Derek

​騎手:

ルイス・シルヴァ

父:

クビラインハーン

1984年

チレ競馬場

ダ2000m

国旗

ハイマスター

High Master

​騎手:

アドルフォ・ゴンサーレス

父:

ホークⅡ

1985年

ガヴェア競馬場

芝2000m

国旗

オールドマスター

Old Master

​騎手:

フランシスコ・ペレイラ

父:

サビヌス

1986年

ラ・リンコナーダ競馬場

ダ2000m

国旗

ルッツ

Lutz

​騎手:

ビクトル・バルダーレス

父:

ロードレイアバウト

1987年

モンテリーコ競馬場

ダ2200m

国旗

ガレーノ

Galeno

​騎手:

ビクトル・バルダーレス

父:

サントリーン

1988年

サンティアゴ競馬場

芝2000m

国旗

ドルティコス

Dorticos

​騎手:

セルヒオ・バスケス

父:

ドミノー

1989年

ラ・プラタ競馬場

ダ2100m

国旗

サヴェッジトス

Savage Toss

​騎手:

ホルヘ・バルディビエーソ

父:

エッグトス

1990年

チレ競馬場

ダ2000m

国旗

エディーポレイ

Edipo Rey

​騎手:

ダニーロ・サリーナス

父:

セメネンコ

1991年

シダーヂ・ジャルヂン競馬場

芝2000m

国旗

ファルコンジェット

Falcon Jet

​騎手:

ジョルジ・ヒカルド

父:

ガディール

1992年

サン・イシドロ競馬場

芝2000m

国旗

ポトリジョン

Potrillón

​騎手:

パブロ・ファレーロ

父:

アーマッド

1993年

モンテリーコ競馬場

ダ2000m

国旗

スタッシュ

Stash

​騎手:

エドウィン・タラベラーノ

父:

スタック

1994年

ラ・プラタ競馬場

ダ2100m

国旗

マッチベター

Much Better

​騎手:

ジョルジ・ヒカルド

父:

ベイノウン

1995年

サンティアゴ競馬場

芝2000m

国旗

パティオデナランホス

Patio De Naranjos

​騎手:

ペドロ・サントス

父:

ギャラントスキー

1996年

ガヴェア競馬場

芝2000m

国旗

マッチベター

Much Better

​騎手:

ジョルジ・ヒカルド

父:

ベイノウン

1997年

チレ競馬場

ダ2000m

国旗

プレーポ

Prepo

​騎手:

エクトル・バレーラ

父:

インチウッド

1998年

サン・イシドロ競馬場

芝2000m

国旗

ジムワキ

Jimwaki

​騎手:

ジョルジ・ヒカルド

父:

ジェムマスター

1999年

モンテリーコ競馬場

ダ2000m

国旗

マダムエキス

Madame Equis

​騎手:

エドウィン・タラベラーノ

父:

ブックザバンド

2000年

中止

国旗

​騎手:

父:

2001年

中止

国旗

​騎手:

父:

2002年

中止

国旗

​騎手:

父:

2003年

中止

国旗

​騎手:

父:

2004年

チレ競馬場

ダ2000m

国旗

コマンドインティモ

Comando Íntimo

​騎手:

ルイス・トーレス

父:

リヤディアン

2005年

サン・イシドロ競馬場

芝2000m

国旗

ドンインカウト

Don Incauto

​騎手:

ホルヘ・バルディビエーソ

父:

ロイ

2006年

マローニャス競馬場

ダ2000m

国旗

レイテンシー

Latency

​騎手:

フリオ・メンデス

父:

スルージンンフィズ

2007年

ラ・プラタ競馬場

ダ2100m

国旗

グッドリポート

Good Report

​騎手:

ジョルジ・ヒカルド

父:

ライドザレールズ

2008年

モンテリーコ競馬場

ダ2000m

国旗

ディーパック

Deepak

​騎手:

カルロス・トゥルヒージョ

父:

パイクパス

2009年

シダーヂ・ジャルヂン競馬場

芝2000m

国旗

ホットシックス

Hot Six

​騎手:

ジョルジ・レミ

父:

ブルージュ

2010年

サンティアゴ競馬場

芝2000m

国旗

ベルワトリング

Belle Watling

​騎手:

エクトル・ベリーオス

父:

ダシヤンター

2011年

サン・イシドロ競馬場

芝2000m

国旗

ブラドック

Bradock

​騎手:

カルロス・トゥルヒージョ

父:

ケセフ

2012年

パレルモ競馬場

ダ2100m

国旗

クイックカサブランカ

Quick Casablanca

​騎手:

ゴンサロ・ウジョア

父:

アンティルサンダウン

2013年

チレ競馬場

ダ2000m

国旗

サボールアトリウンフォ

Sabor A Triunfo

​騎手:

ダビド・サンチェス

父:

ダンスブライトリー

2014年

モンテリーコ競馬場

ダ2000m

国旗

リデリス

Lideris

​騎手:

フアン・エンリケス

父:

ミズンマスト

2015年

パレルモ競馬場

ダ2100m

国旗

リベラル

Liberal

​騎手:

エドウィン・タラベラーノ

父:

ミールペナルティー

2016年

ガヴェア競馬場

芝2000m

国旗

サムインティエム

Some In Tieme

​騎手:

ヴァルドミーロ・ブランディ

父:

シロッコ

2017年

バルパライソ競馬場

芝2400m

国旗

シクスティーズソング

Sixties Song

​騎手:

フアン・ビジャグラ

父:

シクスティーズアイコン

2018年

マローニャス競馬場

ダ2000m

国旗

ローマンロッソ

Roman Rosso

​騎手:

ウィルソン・モレイラ

父:

ローマンルーラー

2019年

サンティアゴ競馬場

芝2000m

国旗

ジャプリモ

Ya Primo

​騎手:

ジェレミー・ラプリーダ

父:

マスタークラフツマン

2020年

サン・イシドロ競馬場

芝2000m

国旗

テターセ

Tetaze

​騎手:

グスタボ・カルベンテ

父:

イークワルストライプス

2021年

マローニャス競馬場

ダ2000m

国旗

アエロトレン

Aero Trem

​騎手:

ヴァグネル・レアル

父:

シャンハイボビー

2022年

チレ競馬場

ダ2000m

国旗

オコナー

O'Connor

​騎手:

ホルヘ・ゴンサーレス

父:

ボボマン