ジョアン・モレイラの記念日

ジョアン・モレイラ騎手はブラジルでデビューし、2006/2007シーズンにはブラジル最優秀騎手にも輝いたが、実はリオデジャネイロのダービーもサンパウロのダービーも勝利していない。彼が南米大陸で唯一勝利したダービーが、エウタンベン(Eu Também)で勝った2006年のGⅠナシオナル(アルゼンチン・ダービー)である。

通算勝利数世界記録

2018年2月7日のサン・イシドロ競馬場4Rをホープグローリー(Hope Glory)で勝利したブラジル人のジョルジ・ヒカルド騎手は、この勝利で通算1万2845勝を達成した。ラッセル・ベイズ騎手の1万2844勝を抜いて騎手通算勝利数の世界記録を更新。また、2020年9月25日にはグロリオーサネグラ(Gloriosa Negra)でガヴェア競馬場1Rを勝利し、通算1万3000勝に到達した。

斤量ちょろまかし事件

2020年10月4日、ラ・リンコナーダ競馬場7Rをミサエル・ロドリゲス騎乗のミュージックアンドラヴ(Music And Love)が勝利した。しかし、ロドリゲス騎手がレース後にポニーボーイから重りを受け取った映像がテレビにすっぱ抜かれ、斤量不正がバレてしまった。ロドリゲス騎手は免許取り消しに。同馬を管理していたレイナルド・ジャネス調教師も資格が剥奪されたが、現在は逃亡先のアメリカで調教師をしている。

鞭渡し事件

事件は2014年のGⅠカルロス・ペジェグリーニで起こった。キングコン(King Kon)に騎乗したロドリゴ・ブランコ騎手は道中で鞭を落とし、隣を走っていたインテルデット(Interdetto)のパブロ・ファレーロ騎手に鞭を貸してくれとお願いした。ファレーロ騎手はこれに応じ、鞭渡しが成立した。後日、両騎手には45日間の騎乗停止処分が言い渡された。

鞭奪い事件

前代未聞の鞭渡し事件から5年後、アルゼンチンで再び鞭が主役となった2019年のGⅠホアキン・V・ゴンサーレスでジョイフィローソ(Joy Filoso)に騎乗していたルイス・バイ騎手は道中で鞭を落とし、直線で隣を走っていたメガワット(Megawatt)のジョゼー・ダ・シルヴァ騎手から鞭を奪った。バイ騎手は30日間の騎乗停止となり、なぜかダ・シルヴァ騎手も5日間の騎乗停止となった。問題のシーンは1:40ごろ、画面左端。

コーナーを曲がれず騎手免許取り消し

2019年9月29日、マルセジェーサ(Marsellesa)に騎乗したベネズエラの若手有望株サムエル・マリン騎手は、怠慢騎乗があったとして6ヶ月の騎乗停止処分を受けた。それから1年半後の2021年2月14日、マリン騎手はファハドール(Fajador)に騎乗してコーナーを曲がれず、2着に敗れた。再犯ということで、騎手免許取り消しが言い渡された。なお、マリン騎手は現在アメリカで騎乗している。

逸走しながらも快勝

アルゼンチンのジョイエピフォラ(Joy Epífora)は高い能力の持ち主だが気性に問題のある牝馬だった。2019年5月1日にパレルモ競馬場で行なわれたGⅠホルヘ・デ・アトゥーチャに出走したジョイエピフォラは、軽快に逃げていたが直線で急に外ラチまで逸走した。鞍上のイバン・モナステローロ騎手は危険回避のため鐙を外し、鞭で顔を叩くことでなんとか馬をコントロールし、無事に勝利した。なお、ジョイエピフォラは日本の社台ファームに繁殖牝馬として購入された。

永遠に斜行

2020年3月14日のGⅠラティーノアメリカーノで不可解な事件が起こった。ブラジル代表馬ナオンダマイス(Não Da Mais)に騎乗していたカルロス・ラヴォール騎手は、直線の入り口からゴールにかけて隣を走っていたアルタイル・ドミンゴス騎乗のインペラドール(Imperador)を妨害し続けた。どちらも同じブラジル人で、レース中に口論があったとかなかったとか……。

レース後も延長戦が続いた。2020年3月といえば新型コロナウイルスが蔓延した時期である。レースはアルゼンチンで行なわれたが、国境封鎖の懸念があったため、外国から遠征した人馬は即座に帰国した。したがって、カルロス・ラヴォール騎手への聞き取り調査は行なわれなかった。加えて、アルゼンチンが競馬中断という大混乱に陥り、この斜行に対する裁決は出されなかった。その間、ラヴォール騎手はブラジルで普通に騎乗していた。数ヶ月後、アルゼンチン・ジョッキークラブはようやくラヴォール騎手への騎乗停止を決定し、ブラジル・ジョッキークラブに対して制裁の履行を求めた。しかし、両国が騎乗停止に関する合意を結んでいないこと、すでに数ヶ月前の出来事であることから、制裁は履行されなかった。

手綱つかみ妨害事件

2020年11月22日のラ・リンコナーダ競馬場1Rは、フランク・ビジャロボス騎乗のノーザンブラック(Northern Black)と、ロベルト・カプリーレス騎乗のゴリラスピード(Gorilla Speed)の一騎打ちとなった。ノーザンブラックの旗色が悪くなってきたところで、カプリーレス騎手は驚きの行動に出た。ノーザンブラックの手綱を引っ張って妨害したのである。結局ノーザンブラックの勝利は変わらず、蛮行に出たカプリーレス騎手には2年の騎乗停止処分が科された。なお、この制裁は2021年10月に出された恩赦で解除​された。

5枠の馬が1枠の馬を噛みにいく

2022年1月16日のラ・リンコナーダ競馬場5Rで、5枠発走のニューロケット(New Rocket)がスタート直後に馬場を横切って1枠発走の馬に噛みつきにいくという事件が発生した。レースはそのまま行なわれたが、後に不成立となった。なお、ニューロケットは3月20日のラ・リンコナーダ競馬場8Rでも、6枠発走から内に斜行して3,4,5番を妨害、1着入線から6着降着となった。

1頭に2人が騎乗してゴール

2018年7月3日のラ・プラタ競馬場7Rで、8番のエミリーコーズ(Emily Cause)に騎乗していたイバン・サパータ騎手が落馬。落ちた勢いで、接戦を繰り広げていた5番のガラバータ(Garabata)に跨ってしまい、ガラバータはダリオ・ゴメス騎手とサパーダ騎手の2人を乗せたままゴールした。エミリーコーズは競走中止となったが、ガラバータの入線は認められた。

露骨すぎる無気力騎乗

2021年6月13日のラ・リンコナーダ競馬場12Rにて。エグリンデル・ベタンコート騎乗のミスペリカンタール(Miss Pericantar)はハナを奪い、直線に入っても大きなリードを保っていた。しかし、ベタンコート騎手は真剣に馬を追うことを止め、追い込んできたグローバルスポーツ(Global Sports)の差し切りを許した。ベタンコート騎手には2年の騎乗停止処分が科されたが​、同年10月の恩赦で処分は解除された。

大大大大大大大差勝ち

プエルトリコ産馬のマリセーズ(マリセリーズ)は、2007年10月31日のカマレーロ競馬場2Rで大差勝ちをおさめた。Equibaseでは147馬身差や98 1/2馬身差と書かれているが、2着とのタイム差は約7秒であるため、35馬身から40馬身ほどの差だろう。

圧倒的本命馬がゲートを出ず

メキシコ牝馬2冠目のGⅠエスメラルダを16馬身差で圧勝したカナダ産馬ディレク(Dilek)は、3冠目のGⅠディアマンテで当然1番人気に推された。単勝オッズは1.25倍である。しかし、4番枠に入ったディレクはゲートが開いてもスタートせず、しばらくそのまま立ち尽くした。ようやく発馬したものの時すでに遅し、勝ち馬から42馬身も離された最下位に敗れた。

発馬機トラブル

2019年5月17日のサンティアゴ競馬場1Rは、13,14,15番のゲートが開かなかった。だが、レースは続行され、ゲートに取り残された馬は競走除外という扱いになり、到達順位のまま確定した。2021年1月3日のサン・イシドロ競馬場13Rは、1番から9番までのゲートが開かなかった。こちらは発走やり直しとなった。

鞭叩き集

2019年5月26日のラ・リンコナーダ競馬場13Rで、ウナペルトゥッティ(Una Pertutti)に騎乗していたシプリアーノ・ヒル騎手は、競っていたブラックパンター(Black Panter)の顔を鞭で2度叩き、1着入線も2着降着となった。

2020年3月9日のパレルモ競馬場9Rにて。ラアジェグラ(La Allegra)に騎乗していたマルティン・バジェ騎手は、3着に敗れたことに腹を立て、ゴール後に馬を鞭で殴打してヶ月の騎乗停止を言い渡された。

2021年2月14日のラ・リンコナーダ競馬場10Rは、シプリアーノ・ヒル騎乗のエルドラード(El Dorado)が1着入線も、最後の直線っで2着入線グランジョカトーレ(Gran Giocatore)の顔を鞭で叩いたとして2着降着となった。

2022年2月6日のマローニャス競馬場8Rで、トポドスル(Topo Do Sul)に騎乗していたジョゼー・ダ・シルヴァ騎手は、直線で隣を走っていたビルバオ(Bilbao)の顔を鞭で叩いてしまい、1着から2着に降着となった。

ウィリアム・ペレイラ騎手は、4月15日のサン・イシドロ競馬場12Rでソイレスペタブレ(Soy Respetable)に騎乗して4着入線だった直後、馬の首を鞭で殴打したため4月30日から5月3日まで騎乗停止になった。騎乗停止期間の短さにSNSが荒れた。

絶望から歓喜への追い込み

2021年7月3日のパレルモ競馬場10Rに出走したダンタリオン(Dntalion)は、スタート直後からダッシュがつかず、画面から見切れるほど大差の最後尾に置いてけぼりをくらった。しかし、最後の直線に入るとディープインパクトもびっくりの末脚を発揮し、見事に1着でゴール板を駆け抜けた​。