BCディスタフ

■ ブルーストライプ(BLUE STRIPE)

2017年10月27日(5歳牝馬)

イークワルストライプス × ブルースフォーセール(ノットフォーセール)

2021年アルゼンチン最優秀古馬牝馬

2022年8月6日

ダ1700m

G1 クレメント・L・ハーシュS

H. ベリーオス

1/5

(1 3/4)

2022年6月18日

ダ1700m

G2 サンタ・マリーアS

T. ベイズ

2/6

3/4

2022年4月30日

ダ1800m

G2 サンタ・マルガリータS

T. ベイズ

1/9

(1)

2021年11月6日

ダ1800m

G1 BCディスタフ

L. デットーリ

7/11

16 1/2 

2021年5月1日

ダ2000m

G1 クリアドーレス

E. オルテガ

1/11

(アタマ)

2021年3月6日

ダ2000m

G2 アルトゥーロ・R・イ・アルトゥーロ・ブルリッチ

E. オルテガ

1/5

(8)

2021年2月5日

ダ2000m

L アラス・アルヘンティーノス

E. オルテガ

1/8

(3/4)

2020年12月19日

芝2000m

G1 コパ・デ・プラタ

E. オルテガ

3/16

3 1/2

2020年11月21日

芝2000m

G1 エンリケ・アセバル

E. オルテガ

3/9

3

2020年10月19日

ダ1600m

未勝利戦

E. オルテガ

1/9

(1/2)

【短評】

昨年はアルゼンチンGⅠクリアドーレスを勝ってBCディスタフの出走権を獲得。レース直後に渡米し、ぶっつけで本番に挑んだ。今年は4月のGⅡサンタ・マルガリータSから始動して勝利。GⅠクレメント・L・ハーシュSではシーデアーズザデヴィルを撃破してアメリカGⅠ初勝利をあげた。成長と経験を積んだ今年が本当の勝負。勝機は充分にある。半姉ブループライズとの姉妹BCディスタフ制覇という偉業を狙う。

BCターフ

■ ノーティラス(NAUTILUS)

2018年8月5日(4歳牡馬)

ドロッセルマイヤー × ナマステ(ポイントギヴン)

2021/22ブラジル最優秀3歳牡馬

2022年6月26日

芝2400m

G1 ブラジル

R. ヴィアーナ

1/14

(クビ)

2022年5月15日

芝2400m

G1 サンパウロ

B. ケイロス

5/14

3 3/4

2022年4月2日

ダ2200m

G3 オスワルド・アラーニャ

B. ケイロス

2/6

8 1/4

2022年2月25日

ダ1900m

条件戦

I. シルヴァ

1/5

(5 3/4)

2022年2月5日

芝2000m

G3 リンネオ・ヂ・パウラ・マシャード

F. ラホーキ

4/7

11 1/4

2022年1月8日

ダ2000m

ハンデ戦

F. ラホーキ

1/7

(3 1/4)

2021年12月18日

芝2000m

G2 コパ・ドス・カンペオーネス

B. ケイロス

3/7

3 1/2

2021年11月13日

芝2400m

G1 デルビー・パウリスタ

R. ヴィアーナ

8/14

8 1/4

2021年10月9日

芝2000m

G1 ジョッキークルブ・ヂ・サンパウロ

R. ヴィアーナ

2/11

3 1/4

2021年9月4日

芝1600m

G1 イピランガ

R. ヴィアーナ

3/12

6 1/2

2021年8月7日

芝1800m

条件戦

L. エンヒキス

4/4

5 3/4

2021年7月3日

芝1500m

条件戦

L. エンヒキス

1/4

1 1/4

2021年6月19日

ダ1500m

G3 アンテノール・ヂ・ララ・カンポス

L. エンヒキス

1/5

(2着繰上)

2021年5月14日

ダ1400m

G3 プレジデンチ・アウグスト・ヂ・ソウザ・ケイロス

V. レアル

2/6

1

2021年5月8日

ダ1400m

未勝利戦

L. エンヒキス

1/4

(8 3/4)

2021年4月17日

ダ1300m

未勝利戦

L. エンヒキス

2/5

12 3/4

2021年4月3日

ダ1200m

未勝利戦

L. エンヒキス

3/4

3 1/2

【短評】

前走のGⅠブラジルを勝利してBCターフの優先出走権を獲得した。8月に渡米し、パウロ・ロボ調教師の管理馬となった。成績を見て分かるように、絶対的な能力の持ち主ではない。今年のGⅠブラジルは有力馬の移籍と引退が重なってメンバーレベルが低く、自身は14頭立ての13番人気という伏兵だった。ロボ調教師の歯切れも悪く、勝ち目はほとんどない。

■ マスターピース(MASTER PIECE)

2016年9月22日(6歳牡馬)

マスタークラフツマン × トレラグーナ(プラウドシチズン)

2022年9月3日

芝2200m

G2 デルマーH

A. セディージョ

2/11

アタマ

2022年7月31日

芝1800m

G2 エディー・リードS

A. セディージョ

1/10

(3 1/4)

2022年5月30日

ダ1600m

L オール・アメリカンS

D. ファンダイク

4/10

1 1/4

2021年10月2日

芝2000m

G2 ジョン・ヘンリー・ターフ・チャンピオンシップS

D. ファンダイク

5/12

1 1/2

2021年8月21日

芝2200m

G2 デルマーH

D. ファンダイク

2/11

1/2

2021年7月17日

芝2200m

G1 ユナイテッド・ネーションズS

J. ロサリオ

9/10

8 3/4

2021年6月5日

芝2000m

G1 マンハッタンS

J. カステジャーノ

6/10

7 1/4

2021年4月16日

芝1800m

条件戦

J. ロサリオ

1/5

(3/4)

2020年10月3日

芝2400m

G1 ジョー・ハーシュ・ターフ・クラシックS

J. レスカーノ

4/7

4 1/4

2020年3月14日

芝2000m

G1 ラティーノアメリカーノ

K. エスピーナ

14/17

13 1/4

2020年2月20日

芝2400m

G1 エル・デルビー

K. エスピーナ

3/16

2 1/4

2019年12月8日

芝2000m

G2 コロナシオン

K. エスピーナ

1/8

(2 1/2)

2019年11月15日

芝2000m

L イグナシオ・ウルリータ・デ・ラ・ソッタ

K. エスピーナ

1/5

(2 1/2)

2019年10月13日

芝1800m

条件戦

K. エスピーナ

1/10

(3)

2019年9月13日

芝1600m

未勝利戦

K. エスピーナ

1/12

(3 1/4)

2019年6月27日

ダ1500m

未勝利戦

G. ポンティーゴ

12/12

31

2019年5月24日

芝1600m

未勝利戦

J. ゴンサーレス

7/12

3 1/2

2019年5月10日

芝1600m

未勝利戦

G. ウジョア

2/9

1/2

2019年4月18日

芝1300m

未勝利戦

G. ポンティーゴ

5/10

2 3/4

【短評】

アメリカ移籍後はピリっとしない競馬が続いていたが、マイケル・マッカーシー厩舎に移籍してからは好調を維持している。GⅡエディー・リードHでは3 1/4馬身差の快勝でアメリカ重賞初制覇。前走のデルマーHではゴール寸前で勝ち馬に差されて優先出走権を逃したが内容の良い競馬だった。陣営はエクトル・ベリーオス騎手でBCターフに登録することを明言した。出走できれば穴馬として面白い存在になれそうだ。

BCマイル

■ イバール(IVAR)

2016年10月4日(6歳牡馬)

アグネスゴールド × メイビーナウ(スマートストライク)

2019年アルゼンチン最優秀2歳牡馬

2022年9月17日

芝1600m

G1 ウッドバイン・マイル

J. タラモ

2/11

5 1/4

2022年7月9日

芝1700m

L ジョナタン・B・シュスター・メモリアルS

J. タラモ

1/9

(1)

2021年11月6日

芝1600m

G1 BCマイル

J. タラモ

3/13

1 1/2

2021年10月9日

芝1600m

G1 キーンランド・ターフ・マイルS

J. タラモ

4/12

2 1/4

2021年5月1日

芝1800m

G1 ターフ・クラシックS

J. タラモ

6/9

1 3/4

2020年11月7日

芝1600m

G1 BCマイル

J. タラモ

4/13

2

2020年10月3日

芝1600m

G1 シャドウェル・ターフ・マイルS

J. タラモ

1/9

(1)

2020年9月7日

芝1600m

L ツーリスト・マイルS

J. タラモ

3/9

1 3/4

2020年6月18日

芝1700m

条件戦

J. タラモ

1/9

(2)

2020年5月21日

芝1600m

条件戦

J. ルパルー

5/10

6 1/2

2019年6月29日

ダ1600m

G1 エストレージャス・ジュヴェナイル

A. ジャネッティ

1/11

(6)

2019年5月26日

芝1600m

G1 グラン・クリテリウム

J. ダ・シルヴァ

1/11

(6)

2019年5月5日

ダ1400m

未勝利戦

J. ダ・シルヴァ

1/12

(2)

【短評】

蹄の状態に悩まされて今年の上半期を棒に振った。7月のリステッドでようやく始動戦を迎えると、これをコースレコードで勝利。前走のGⅠウッドバイン・マイルでは、勝ち馬モダンゲームズから離されるも2着と好走した。状態は上向きで、得意のキーンランド競馬場に変わることもプラス材料。外枠を引ければ、モダンゲームズを逆転できる可能性は充分にある。3度目の正直なるか。

■ ビエホスティエンポス(VIEJOS TIEMPOS)

2018年9月23日(4歳騙馬)

ルッキンアットラッキー × アフィルマテカタリーナ(スペシャルクエスト)

2022年5月29日

芝2000m

G1 クルブ・イピコ・デ・サンティアゴ

J. グアハルド

1/13

(2 3/4)

2022年5月6日

芝2000m

特別競走

O. ウジョア

1/6

(1 3/4)

2022年4月22日

芝1800m

ハンデ戦

R. システルナス

1/8

(1/2)

2022年3月28日

芝1600m

未勝利戦

O. ウジョア

1/6

(6 3/4)

2021年10月3日

芝1300m

未勝利戦 ※1着入線 ⇒ 失格

P. ロブレス

15/15

失格

2021年8月20日

芝1300m

未勝利戦

A. バラス

3/16

9 1/2

2021年7月30日

芝1600m

未勝利戦

L. トーレス

6/9

9 1/2

2021年4月30日

芝1600m

G3 アルバロ・コバルビアス

G. ウジョア

7/7

7 3/4

2021年4月9日

芝1600m

未勝利戦

G. ウジョア

3/10

3

2021年3月12日

芝1200m

未勝利戦

G. ウジョア

3/15

5 1/2

【短評】

GⅠクルブ・イピコ・デ・サンティアゴを勝利したことでBCマイルの優先出走権を獲得した。その後はどうやら香港の馬主に売却され、アメリカのニール・ドライスデール調教師の管理馬となった。4連勝中と勢いがあり、血統もカタリーナラグランデ(Catalina La Grande)に繋がる牝系で優秀。しかし、左回りを1度も走ったことがないのが致命的な弱点である。