• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

【紹介】アラーラス・ブラッド&パワー 2020年産馬&繁殖牝馬

 5月12日と13日、ブラジルのセールサイト APPS で『アラーラス・ブラッド・アンド・パワー』が開かれる。これはサンタ・マリア・ヂ・アラーラス牧場が開催する、2020年産馬と繁殖牝馬のセールである。同牧場は4月12日にアルゼンチンでセールを実施したが、今回はブラジルでの開催となる。同牧場からは、アルゼンチンを代表する名馬フェイン(Faim)や、2014年にブラジル3冠を達成したバルアバリ(Bal A Bali)に加えて、日本で繁殖入りしたクルーズライナー(Cruiseliner)、ハッピトゥービーミー(Happy To Be Me)、サファリミス(Safari Miss)といったGⅠ牝馬が出ている。


 今回は、2020年産馬77頭と、15頭の繁殖牝馬が上場される。カタログは こちら からダウンロードできる。以下、特に注目が集まると思われる12頭をピックアップした。



上場番号6番 マロンファイヴ(Marron Five) 牡

母ビリーガール(Billy Girl)は2013年から2014年にかけて重賞を6勝し、ブラジル最優秀4歳以上牝馬に選出された。GⅠでも3度の2着がある。



上場番号17番 マイリトルポニー(My Little Ponny) 牡

半兄ヘッドオフィス(Head Office)は2000mと2400mの重賞を5勝。



上場番号21番 マンアットワーク(Man At Work) 牡

母ドールマイト(DoleMite)は2016年にブラジル牝馬1冠目のGⅠエンヒキ・ポソーロを優勝した。



上場番号41番 モレカージェン(Molecagem) 牡

半姉クルーズライナー(Cruiseliner)は2015年のブラジル牝馬3冠2冠目のGⅠヂアナ、最終戦のGⅠゼリア・ゴンザーガ・ペイショット・ヂ・カストロを勝利し、ブラジル最優秀3歳牝馬に選出された。現在は日本のエスティファームで繁殖牝馬となっている。



上場番号44番 マジックメイズ(Magic Maze) 牡

母リアリーウィナー(Really Winner)は2008年のGⅠホベルト・イ・ネルソン・グリマルヂ・セアブラなど重賞3勝の名牝。半兄デーモンマスター(Demon Master)も2400mのGⅡを2勝した。



上場番号45番 マニーマニー(Money Money) 牡

母ヘケブラ(Requebra)は2008年にGⅠマジョール・ズッコーを勝利するなど、1000m重賞を6勝した名スプリンター。ブラジル最優秀短距離馬と最優秀4歳以上牝馬を受賞した。半姉インエッセンス(In Essence)も1000mGⅢの勝ち馬。



上場番号48番 マーティンルーサーキング(Martin Luther King) 牡

半兄ディースマル(Diesmal)は2015年にGⅠベント・ゴンサルヴェスを優勝した。全兄イングリッシュメジャー(English Major)は、2016年に2歳GⅠジョッキークルブ・ブラジレイロを制し、最優秀2歳馬に選出された。



上場番号50番 マッジオルドモ(Maggiordomo) 牡

母サヴァビヤン(Savoir Bien)は2008年にアルゼンチンGⅠを4勝し、その年のアルゼンチン最優秀2歳牝馬に輝いた。



上場番号51番 ミッドナイトスカイ(Midnight Sky) 牡

母スマイルジェニー(Smile Jenny)は2009年のブラジル牝馬2冠に加えて、GⅠマチアス・マハアラインを勝利し、ブラジル最優秀3歳牝馬に選出された。半姉バイザバイ(Bay The by)、半姉イージエストウェイ(Easiest Way)、半兄ホーマースクリーン(Homer Screen)も重賞馬。



上場番号53番 マスターオブパペッツ(Master Of Puppets) 牡

母バヌアレブ(Vanua Levu)は重賞2勝馬。半姉グランデーザ(Grandeza)はブラジル牝馬1冠目のGⅠエンヒキ・ポソーロの勝ち馬。



上場番号54番 ミルクシェイク(Milk Shake) 牡

全兄フィッツジェラルド(Fitzgerald)はウルグアイGⅠペドロ・ピニェイルーアを含む重賞6勝。全姉アイドルウェイズ(Idle Ways)は今年のGⅠヂアナで2着。



上場番号65番 ミスフォーチュン(Miss Fortune) 牝

母ファンシフル(Fanciful)は2018年にブラジル牝馬1冠目のGⅠエンヒキ・ポソーロとGⅠホベルト・イ・ネルソン・グリマルヂ・セアブラを制した名牝。本馬はその初子となる。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com