• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

【続編】チリ・カリフォルニアクロームの低空飛行:日本は外れクジを引いたのか?



 1年前の記事で、チリのカリフォルニアクローム産駒がまったく活躍していないと書いた。しかし、当時のチリ・カリフォルニアクローム産駒は79戦しかしておらず、統計的に信頼の乏しいものだった。


 あれから1年が経ち、チリ・カリフォルニアクローム産駒の総出走回数は1000回を超えた。1000走もデータがあれば、それなりに信頼できる分析を出せるだろう。そこで今回は、1年前の通り魔的な記事を更新すべく、種牡馬カリフォルニアクロームの良い点・悪い点を数字から明らかにしていく。


※集計に使用した馬の一覧はページ下部にある。また、成績は現地時間6月9日時点のものである。


【通算成績】

1138戦101勝(8.9%)


【重賞成績】

17戦0勝(0.0%)


【勝馬率】

122頭出走

66頭勝ち上がり(49.2%)


 現在、カリフォルニアクロームは獲得賞金額においてチリの種牡馬リーディングでTOP10に入っている。勝ち星でも上から7番目という好成績である。


 しかし、これにはカラクリがある。カリフォルニアクロームは産駒の数が多いので、単純な数字の積み重ねでは優位に立てる。たとえば、産駒が100頭いる種牡馬と産駒が10頭しかいない種牡馬の成績を比べれば、どうしたって前者が上に来る。


 そこで大事になるのが勝率である。カリフォルニアクローム産駒の勝率8.9%というのはどのような意味を持つのだろうか?


 チリの有力種牡馬であるルッキンアットラッキー、コンスティテューション、シーキングザダイヤの過去3年における勝率と比較してみよう。ルッキンアットラッキーは2819戦341勝で12.1%、コンスティテューションは1297戦234勝で18.0%、シーキングザダイヤは3676戦375勝で10.2%である。つまり、勝率10%が良し悪しの境目になるだろう。カリフォルニアクロームは勝率10%を1.1%下回っている。


 カリフォルニアクロームと同時期にチリで種牡馬入りしたフライヤー(Flyer)とドバイスカイ(Dubai Sky)とも比べる。フライヤーは334戦38勝で11.4%、ドバイスカイは376戦35勝で9.3%である。カリフォルニアクロームは同期種牡馬にも後塵を拝している。勝率が良いとは言えない。


 チリ・カリフォルニアクロームのもっとも重い足枷となっているのが重賞成績である。2,3着はあるものの、これまで17戦して一度も白星がない。一方、フライヤーは重賞馬3頭で重賞5勝、ドバイスカイも重賞馬1頭で重賞2勝をあげている。勝率だけでなく、重賞成績においてもカリフォルニアクロームは同期2頭に後れを取っている。


 次に、49.2%という産駒の勝馬率はどうだろうか?


 参考までに日本の種牡馬と比較してみよう。netkeiba の産駒成績(JRA)によると、ディープインパクトの勝馬率は63.3%と図抜けているが、キングカメハメハは48.3%、ハーツクライは47.3%、ダイワメジャーは46.1%、ロードカナロアは42.7%となっている。つまり、カリフォルニアクロームの勝馬率49.2%は優秀と言えるかもしれない。


 しかし、日本の競馬とチリの競馬では事情が大きく異なることを理解しなければならない。日本では年間およそ3500レース(JRA)行なわれるが、チリは年間およそ5000レースある。一方で、日本の年間生産頭数は約7000頭で、チリは約1500頭から2000頭である。つまり、馬に与えられるチャンスがチリのほうが圧倒的に多い。


 チリの有力種牡馬の勝馬率を見ると、上述したルッキンアットラッキー、シーキングザダイヤ、コンスティテューションはいずれも70%を超えている。2020年に種牡馬リーディングを獲得したグランドダディーにいたっては80%に達している。フライヤー産駒は44頭出走して22頭が勝ち上がり(50.0%)、ドバイスカイは37頭出走して17頭が勝ち上がり(45.9%)となっている。カリフォルニアクローム産駒の勝馬率は際立った数字ではない。


 最後に、チリ・カリフォルニアクローム産駒の馬場・距離別の成績を見ていく。


【馬場・距離別成績】

ダ1000m 26勝

ダ1100m 16勝

ダ1200m 13勝

ダ1300m 6勝

ダ1400m 5勝

芝1000m 25勝

芝1100m 3勝

芝1200m 1勝

芝1300m 5勝

芝1400m 1勝


 産駒の勝ち鞍は1000mから1400mに限定されている。だからといって、チリ・カリフォルニアクローム産駒が短距離専門であるとは言えない。チリの番組構成は短い距離のレースが多く、マイル以上のレースは上のクラスに多い。そのため、成績が短距離に偏ってしまうのは仕方ない。


 チリ・カリフォルニアクローム産駒が中距離以上で走るのかどうかは分からない。だが、距離が伸びるにつれて勝ち星が減っていることから、短距離のほうが得意なのだろう。


 カリフォルニアクローム産駒の良い点として、ダートにも芝にも対応できることが挙げられる。101勝の内訳はダート66勝、芝35勝だが、これはダートでの出走回数が多いからであり、ダート1000mで26勝、芝1000mでも25勝をあげていることから、芝にも充分に対応可能である。


 1年ぶりに分析して分かったのは、依然としてチリ・カリフォルニアクローム産駒は低空飛行を続けているということである。大きな期待と共に導入されたはずだが、内国産種牡馬のフライヤーや、アメリカGⅢを勝っただけのドバイスカイなど、現役時代の実績でははるかに劣る種牡馬よりも成績を残せていない。もし自分が生産者だとして、所有する牝馬をカリフォルニアクロームとフライヤーのどちらと種付けしたいかを尋ねられれば、フライヤーと即答する。


 しかし、悪い点ばかりではない。1勝あげることを目標とする馬を生産するのなら、まずまずの種牡馬である。芝・ダートを問わず、短距離で新馬や未勝利を突破する馬を日本でも多く輩出できるかもしれない。


 チリでのカリフォルニアクローム産駒は、2018年産馬と2019年産馬の2世代しかいない。すでにほとんどの産駒がデビューし、これから種牡馬成績が上向く可能性や、重賞・GⅠ馬が出る可能性は低い。今後カリフォルニアクロームの種牡馬としての評価を左右するのは、日本での結果である。


【集計に使用した馬(6月9日現在)】

Acaso Queris 2戦0勝

Aqui Vamos 6戦0勝

Arabian Law 4戦1勝

Arabian Moon 7戦1勝

Arctic 2戦0勝

Asi Soy Yo 14戦2勝

Astrum 12戦0勝

Aton Ra 14戦3勝

Avatar Aang 7戦0勝

Banksy 1戦0勝

Big Red 11戦1勝

Bonsai 6戦1勝

Butterfly Bay 5戦1勝

California Daddy 12戦2勝

California Fire 6戦1勝

California Game 6戦0勝

California House 7戦0勝

California King 3戦1勝

California Moon 10戦1勝

California Queen 6戦1勝

California Song 7戦0勝

California Spring 32戦4勝

California Storm 16戦2勝

California Thunder 19戦1勝

California Tiger 4戦0勝

California Warrior 36戦1勝

Californiacat 1戦0勝

Californian Spirit 17戦1勝

Cartera Vieja 22戦1勝

Cederic 2戦1勝

Cereza Dorada 11戦2勝

Chinchosa 16戦0勝

Chrome Royale 4戦0勝

Chromium 1戦0勝

Costa De La Luz 7戦0勝

Cugarat 23戦1勝

Dancer Chrome 7戦1勝

Datsusara 13戦0勝

Divina Guadalupe 11戦0勝

Don Cangrejo 20戦3勝

Dona Athenea 12戦3勝

Duquessa Del Jei 23戦0勝

Earth Song 1戦1勝

El Bingo 18戦0勝

El Ultimo Rockstar 1戦0勝

Elmita 2戦0勝

Eso No Se Cuenta 3戦0勝

Estephania 5戦1勝

Eternal Spring 3戦0勝

Exclusive Raider 26戦2勝

Full Of Crazy 1戦0勝

Gaman 2戦0勝

Gatito Mojado 20戦1勝

Ghost Raider 6戦0勝

Going Fast 5戦0勝

Golden Image 17戦4勝

Golden Lava 25戦1勝

Gracias Senorita 1戦0勝

Gran Abrazo 1戦0勝

Gran Canamito 18戦4勝

Great California 21戦1勝

Guerrero Max 3戦0勝

Heart Attack 3戦0勝

Heart Friends 5戦1勝

Hotel California 15戦4勝

Incredible 12戦2勝

Judge Room 7戦0勝

Kathya 11戦3勝

Kick Off 3戦0勝

King Tiger 9戦2勝

La Changuita 6戦0勝

La Gaffe 14戦0勝

La Pulguita 4戦0勝

Lady Chrome 1戦0勝

Lap Cat 22戦1勝

Laura Helena 2戦0勝

Lisa Ray 7戦1勝

Lucky Pegasus 14戦0勝

Lucky Storm 2戦0勝

Lucy Lou 17戦1勝

Majestic Chrome 16戦2勝

Maximo Antonio 2戦0勝

Mi Cutina 6戦2勝

Mr Style 5戦1勝

No Hago Escandalo 3戦0勝

Nordic Fighter 32戦4勝

Ocean California 18戦3勝

On The Music 2戦0勝

Palabras Serenas 5戦0勝

Papudo Chrome 13戦2勝

Pesyon 23戦2勝

Piel de Angel 11戦0勝

Power Denver 20戦0勝

Princesita Chrome 16戦2勝

Princess Katia 7戦0勝

Roca Ignea 11戦1勝

Rubia Chrome 3戦1勝

Rubio Natural 5戦0勝

Ruby Chrome 3戦0勝

Sahara Chrome 9戦1勝

Secret Night 4戦1勝

Selvatica 1戦1勝

Serenety 3戦0勝

Severus Snape 6戦0勝

Shocker 4戦0勝

Silver Prince 1戦0勝

Silver Spartan 5戦0勝

Sir Of Heaven 2戦0勝

Sunny California 6戦1勝

Tata Coco 22戦3勝

Te Ves Hermosa 2戦0勝

The Best Victory 1戦1勝

The Mighty Storm 4戦0勝

Toque De Oro 15戦1勝

Tu Me Quieres 2戦0勝

Ukiyo 2戦0勝

Una Buena Conversa 10戦1勝

Victory Chrome 39戦3勝

Viene A Vencer 1戦0勝

Wappo 3戦0勝

Wild California 10戦1勝

Wonder Woman 7戦0勝



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share