• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

アグネスゴールドが20/21シーズンのブラジル最優秀種牡馬に選出される

 8月13日、ブラジル・スタッドブックが2020/21シーズンにおけるモッソロー賞の受賞馬を発表した。モッソロー賞というのは、ブラジル版のJRA賞にあたる。


 年度代表馬には、ブラジル競馬史上6頭目、無敗では2頭目となるカリオカ牝馬3冠を達成したアグネスゴールド産駒のジャネールモネイ(Janelle Monae)が選出された。年度代表馬の候補にはジャネールモネイに加え、2020年のGⅠサンパウロを制したジョージワシントン(George Washington)、2021年のGⅠサンパウロを制したヘッドオフィス(Head Office)、短距離GⅠA.B.C.P.C.C.を快勝したイタペルーナ(Itaperuna)、ブラジル最大のGⅠ競走ブラジルを優勝し、南米最高レーティングを誇るピンパーズパラダイス(Pimper's Paradise)が選ばれていた。だが、複数GⅠを勝ったのはジャネールモネイだけであり、無敗の牝馬3冠という歴史的偉業も評価され、見事に年度代表馬に選出された。


 最優秀種牡馬には、日本産馬アグネスゴールド(Agnes Gold)が選出された。20/21シーズンは130勝(重賞20勝、GⅠ8勝)をあげ、2位のプットイットバックに27勝の差をつけて首位に輝いた。また、獲得賞金額も266万7922レアルと、153万2863レアルで2位になったプットイットバックに100万レアルもの大差をつけてリーディングに輝いた。最優秀種牡馬の候補には他にフォレストリー(Forestry)、コディアックカウボーイ(Kodiak Kowboy)、プットイットバック(Put It Back)、ワイルドイヴェント(Wild Event)が選ばれていたが、アグネスゴールドの受賞にケチをつける者はいないだろう。


 各賞の受賞馬は以下のとおりである。



年度代表馬


ジャネールモネイ(Janelle Monae)

(父:アグネスゴールド)


【主な成績】

・GⅠエンヒキ・ポソーロ

・GⅠヂアナ

・GⅠゼリア・ゴンザーガ・ペイショット・ヂ・カストロ


※現在はアメリカのチャド・ブラウン厩舎に移籍。



最優秀2歳牡馬


オセアーノアズール(Oceano Azul)

(父:フォレストリー)


【主な成績】

・GⅠジョアン・アデマール・ヂ・アルメイダ・プラード

・GⅡコンヂ・ヂ・ハーズバーグ



最優秀2歳牝馬


マカダミア(Macadamia)

(父:ハットトリック)


【主な成績】

GⅠマルガリーダ・ポラーク・ララ



最優秀3歳牡馬


ジャクソンポロック(Jackson Pollock)

(父:コディアックカウボーイ)


【主な成績】

・GⅠジョッキークルブ・ブラジレイロ

・GⅠマチアス・マッハライン

・GⅡドウトール・フロンチン



最優秀3歳牝馬


ジャネールモネイ(Janelle Monae)

(父:アグネスゴールド)


【主な成績】

・GⅠエンヒキ・ポソーロ

・GⅠヂアナ

・GⅠゼリア・ゴンザーガ・ペイショット・ヂ・カストロ


※現在はアメリカのチャド・ブラウン厩舎に移籍



最優秀4歳以上牡馬


ピンパーズパラダイス(Pimper's Paradise)

(父:プットイットバック)


【主な成績】

・GⅠブラジル

・GⅢエスコリアル


※南米最高レーティングを保持。



最優秀4歳以上牝馬


イタペルーナ(Itaperuna)

(父:フォレストリー)


【主な成績】

・GⅠA.B.C.P.C.C.

・GⅢプレジデンチ・ウォルディア・プルデンチ・ヂ・トレード


※日本の三嶋健一郎氏が購入。日本で繁殖入り予定。



最優秀短距離馬


イタペルーナ(Itaperuna)

(父:フォレストリー)


【主な成績】

・GⅠA.B.C.P.C.C.

・GⅢプレジデンチ・ウォルディア・プルデンチ・ヂ・トレード


※日本の三嶋健一郎氏が購入。日本で繁殖入り予定。



最優秀マイラー


オリンピックジョンスノー(Olympic Jhonsnow)

(父:アグネスゴールド)


【主な成績】

・GⅠプレジデンチ・ダ・ヘプブリカ(カリオカ)

・GⅡジェルヴァジオ・セアブラ

・GⅡプレジデンチ・ダ・ヘプブリカ(サンパウロ)



最優秀長距離馬


ヒーズゴールド(He's Gold)

(父:アグネスゴールド)


【主な成績】

・特別競走グアリーショ



最優秀ダート馬


タカシ(Takashi)

(父:パイオニアリング)


【主な成績】

・ダート7戦