• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

アルゼンチンで芦毛の怪物が誕生:ストラテゴスがGⅠデ・オノールを勝利


写真:El Turf

https://elturf.com/ejemplares-home?id_ejemplar=353837&tipo_vista=



 広いコースが向いている。小回りが得意だ。芝が向いている、ダートが得意だ。短い距離のほうが向いている。長距離が得意だ。しかし、強さに条件がつく馬を本当に強い馬と言えるだろう? 本当に強い馬というのは、どの競馬場で、どの馬場を、どの距離で走ろうと強いのである。


 4月3日、アルゼンチンのパレルモ競馬場で行なわれたGⅠデ・オノール(ダート2000m - 3歳以上)は、1番枠から好スタートを決めたフランシスコ・ゴンサルヴェス騎乗の1番人気ストラテゴス(Strategos)が、道中やや首を上げるしぐさを見せながらも軽快に走り、2着エンドモンド(Endomondo)に2馬身差をつける逃げ切り勝ちをおさめた。良馬場の勝ちタイムは2分1秒45。3着には、昨年のGⅠダルド・ロチャの勝ち馬エモーションオーペン(Emotion Orpen)が入った。


 ストラテゴスは父ゼンセーショナル、母父キャンディライドという血統の5歳牡馬。2020年は圧倒的な強さで1000m直線のGⅠを3勝し、アルゼンチン短距離路線の絶対王者に君臨した。今年は同馬を管理するマルティン・フェッロ調教師が距離延長を表明。2月20日のGⅡオラシオ・ブスティージョで2019年7月(9着)以来となるマイル戦に挑むと、GⅠ馬エルコンソルテを2馬身差で完封した。このままマイル路線を進むかと思いきや、今回のデ・オノールでさらに距離を伸ばし、キャリア初の2000m戦でも強さを見せつけた。通算成績は15戦11勝。2019年9月から7連勝、重賞5連勝、GⅠ4連勝と、破竹の快進撃は衰えない。


フランシスコ・ゴンサルヴェス騎手

「ハナに立ったときは馬をリラックスさせようと努めたが、あまり上手くいかなかった。落ち着いてくれるまで私は少し不安だったが、ストラテゴスは強いハートを持っている。この馬と走ることができて幸せだ。残り200mのところで思わず微笑んでしまった。信じられないほどのパフォーマンスだった。ストラテゴスを祝福してほしい。彼はいつも素晴らしいショーを見せてくれる」


 ちなみに、3月13日に開かれたオホス・クラーロス牧場の2019年産馬セールでは、ストラテゴスの半妹にあたるキャンディーストラテガ(Candy Strátega)が上場され、セール最高額となる294万5000ペソで落札された。日本円にして約350万円。購入したのはストラテゴスと同じ馬主である。父がフォーティファイに変わったこの半妹にも注目したい。


 管理するマルティン・フェッロ調教師はレース後の記者会見で、レース後も順調であれば、5月1日にパレルモ競馬場のダート2000mで行なわれるGⅠレプブリカ・アルヘンティーナに出走させると述べた。昨年の南米王者テターセとの対戦となるだろう。中距離路線の最強馬を相手に、ストラテゴスがどのような競馬を見せるか今から楽しみである。


 芝の1000mも勝てる。ダートの1000mも勝てる。芝の1600mも勝てるし、ダートの2000mも勝てる。ベスト・スプリンターであり、ベスト・マイラーであり、今やベスト・ホース。アルゼンチン競馬界にストラテゴスという名の芦毛の怪物が現れた。


■ GⅠデ・オノール



写真:El Turf

https://elturf.com/ejemplares-fotos?id_ejemplar=336097&tipo_vista=


 同日に行なわれた牝馬限定のGⅠヒルベルト・レレーナ(芝2200m - 3歳以上牝馬)は、ロドリゴ・ブランコ騎乗の2番人気ファンシフル(Fanciful)が、先に抜け出した3番人気のドニャゴタ(Doña Gota)と1番人気のマハゴニー(Mahagonny)を、大外一気の強襲で差し切り、GⅠ初制覇を飾った。勝ちタイムは2分14秒93。


 ファンシフルは父ヘリオスタティク、母父ロードという血統の5歳牝馬。半兄には2015年、2016年とGⅠホアキン・V・ゴンサーレスを連覇したファンタスティックフォー(Fantastic Four)がいる。2018年のデビューから2019年までは下級条件で勝ちきれない馬だったが、2020年に急成長。11月21日のGⅡロス・アラスで初重賞勝ちをおさめ、アルゼンチンのエリザベス女王杯にあたるGⅠコパ・デ・プラタでも2着に入った。今年も1月2日にGⅡアペルトゥーラを制し、そして今回のGⅠ勝利と好調を維持している。通算成績は24戦7勝、重賞3勝(GⅠ1勝)。


 過去にヒルベルト・レレーナを制した馬には、リアルナンバー、オジャグア、マルペンサ、マルアコストゥンブラーダ、コンヴィクションと、後に日本で繁殖牝馬となった馬が多い。もしかしたら、ファンシフルも日本で繁殖入りするかもしれない。芝の中距離で強さを見せている馬だけに、日本の競馬は合うだろう。


■ GⅠヒルベルト・レレーナ


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com