• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ドバイ遠征を行なったウルグアイ馬の今後

写真:Burreros

http://www.burreros.com/uc_3861_1.html



 1月からドバイに遠征していたウルグアイ馬5頭の今後が決まった。


 ウルグアイ競馬メディア "Burreros" によると、ドバイWCに出走したアフステフィスカル(Ajuste Fiscal)、UAEダービーに出走したエルパトリオータ(El Patriota)、そして短距離馬アッパークラス(Upper Class)の3頭は、ウルグアイには帰国せず、イギリスのニューマーケットを拠点とする。イスマイル・ムハンマド調教師の管理馬となり、次の開催シーズンに合わせて再びドバイ遠征を行なう予定とのこと。馬主はラ・ポーム牧場のまま。


 アルモラディ(Almoradi)トランカフェッロ(Trancaferro)も、次の開催シーズンを目標にする。しかし、この2頭に関しては所有権の50%を売却し、このままドバイに留まって調整される。


 "Burreros" は、5頭の海外移籍と再度のドバイ挑戦を好意的にとらえている。とりわけ、アフステフィスカルとエルパトリオータはラ・ポーム牧場所有のままということで、ウルグアイ代表馬が今年のリベンジをしてくれるのではないかと、大きな期待を抱いている。


 世界の競馬界では滅多にその名を聞くことのないウルグアイ。だが、5頭のドバイ遠征をきっかけに、これから着実に知名度を上げていくだろう。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

最新記事

すべて表示