• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ハットトリック産駒のダマヂフェッホが天気を味方にウルグアイの1000ギニーを優勝


記念撮影をするダマヂフェッホの陣営 写真:Germán Boiso(@BoisoGerman) https://twitter.com/BoisoGerman/status/1434597915994038276

 9月5日、ウルグアイのマローニャス競馬場でGⅠポージャ・デ・ポトランカス(ダ1600m - 3歳牝馬)とGⅠポージャ・デ・ポトリージョス(ダ1600m - 3歳)が行なわれた。前者がウルグアイの1000ギニーにあたり、後者が2000ギニーに相当する。


 ポージャ・デ・ポトランカスは、ヴァグネル・レアル騎乗の3番人気⑫ダマヂフェッホ(Dama De Ferro)が優勝した。道中は中団のやや後ろを追走し、直線で外に持ち出されると、2番手から抜け出した圧倒的1番人気の④ノパージャナー(Nopaya Naa)を楽に差し切って1着でゴール板を駆け抜けた。良馬場の勝ちタイムは1分36秒49。3着には⑩ノチェネグラ(Noche Negra)が入り、3,1,2番人気による堅い決着となった。


 ダマヂフェッホは父ハットトリック、母フライファルダ、その父レモンドロップキッドという血統の3歳牝馬。ウルグアイ調教馬だが、生産はブラジルのオールド・フレンズ牧場、管理もブラジル人のアントニオ・シントラ調教師である。ブラジル・ハットトリックの初年度産駒であり、ブラジル・ハットトリック産駒としてウルグアイ初勝利をあげた馬、かつ、ブラジル・ハットトリック産駒として初めてブラックタイプ競走を制した馬が、ブラジル・ハットトリック産駒として初めてウルグアイの重賞を勝利した馬にもなった。通算成績は6戦3勝(重賞1勝)。また、ハットトリックはこれでアルゼンチン、ブラジル、ウルグアイの南米3ヶ国でGⅠ馬を輩出したことになり、アグネスゴールドと肩を並べた。


「結果にはとても満足しているが、やはり芝のほうが合っていると思う。雨が降ったことで彼女にとって好ましい馬場になってくれたため、今日は良い走りができたのだろう。素質の高い牝馬である。前走(2着)のパフォーマンスはあまり納得できなかったが、かといってそれほど悪くもなかった。今日は良い勝ち方だった。次走は10月4日のGⅠセレクシオン(ウルグアイ・オークス)に行くつもりだが、10月24日のGⅠラティーノアメリカーノと同日に行なわれる芝のGⅢロンジン・カップに出走する可能性も捨てていない」と、アントニオ・シントラ調教師は述べた。


■ GⅠポージャ・デ・ポトランカス



 ポージャ・デ・ポトリージョスでは、前哨戦のGⅢエル・エンサージョを快勝したアランミュージック(Alan Music)が人気を集めるはずだった。しかし、レース後にドーピング違反が発覚して勝利を剥奪されたどころか、ポージャ・デ・ポトリージョスの出走まで禁止された。これにより、出走15頭中8頭が1桁台の単勝オッズという大混戦となった。


 割れたオッズが示すとおり、レースを制したはパブロ・ロドリゲス騎乗の7番人気⑩プレリュードライ(Prelude Rye)という伏兵だった。好スタートから中団外目の位置で脚を溜めると、直線では馬場の中央から鋭く伸び、最後方から猛然と追い込んできた3番人気①ピンゴ(Pingo)の追撃をアタマ差しのいだ。良馬場の勝ちタイムは1分35秒45。3着には2番人気の⑫トポドスル(Topo Do Sul)が入った。2歳GⅡクリテリウム(ダ1400m)の勝ち馬で1番人気に支持された⑥ナディエテオルビダ(Nadie Te Olvida)は12着に沈んだ。


 プレリュードライは父キャッチャーインザライ、母プレザントレジェンド、その父タピットという血統の3歳牡馬。アルゼンチンのラ・レジェンダ・デ・アルコ牧場で産まれた。近3戦は良い結果を残せなかったが、本命馬が抜けて混戦となった舞台で大仕事をやってのけた。通算成績は6戦3勝(重賞1勝)。なお、ラ・レジェンダ・デ・アルコ牧場は4日にアルゼンチンのパレルモ競馬場で行なわれたGⅠポージャ・デ・ポトランカスをカルタエンブルハーダ(Carta Embrujada)で制しており、2日連続、異なる国でGⅠウィナーを生産した。


「これまでは期待していた走りをできなかったが、今日はスタートから思っていたような走りを見せてくれた。パブロ・ロドリゲスも素晴らしい騎乗をしてくれた」と、同馬を管理するパブロ・ゴンサーレス調教師は喜んだ。次走は馬に問題がなければ2冠目のGⅠジョッキークルブ(ダ2000m - 3歳)に出走するとのことである。


■ GⅠポージャ・デ・ポトリージョス



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.keiba-latinamerica.com/donation

最新記事

すべて表示