• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

フィエールマンが天皇賞春を連覇、歴史に名を刻む

"Fierement repetió en el Tenno Sho Spring y se metió en la historia"

https://www.turfdiario.com/fierement-repitio-en-el-tenno-sho-spring-y-se-metio-en-la-historia/

最終閲覧日:5月5日



ディープインパクトの息子は京都競馬場でもっとも重要なレースを連覇した史上5頭目の馬である。


 非常に厳しい戦いとなったが、フィエールマンは日曜日の京都競馬場で目的を果たし、天皇賞春(芝3200m)を連覇した史上5頭目の馬となった。


 ディープインパクトとリュヌドールの息子は、見応えある直線の攻防で、わずかハナ差スティッフェリオに先着するのに全力を尽くした。2 1/2馬身差の3着にはミッキースワローが入った。


 クリストフ・ルメールの馬上での経験が輝いた。勝ち馬は5歳。これで通算成績を10戦5勝とし、現在の日本最強馬の1頭であることを示した。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com