• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ブラジル2000ギニー馬ウットーリが香港へ移籍


ウットーリ(Uttori) 写真:El Turf https://elturf.com/ejemplares-campana?id_ejemplar=400750&tipo_vista=

 2月7日にガヴェア競馬場で行なわれたGⅠエスタード・ド・ヒオ・ヂ・ジャネイロ(ブラジル2000ギニー)を優勝したウットーリ(Uttori)が、香港へ移籍することになった。同馬を所有するエストレーラ・ノヴァ牧場が、Instagram上で明らかにした。


 ウットーリは父ヴェットーリ、母ウマニヤー、その父ブルージュという血統の3歳牡馬。昨年5月3日にデビューすると、今年2月7日に行なわれたブラジル(カリオカ)3冠競走の初戦であり、ブラジルの2000ギニーにあたるGⅠエスタード・ド・ヒオ・ヂ・ジャネイロ(芝1600m)を優勝した。2冠目のGⅠフランシスコ・エドゥアルド・イ・リンネオ・エドゥアルド・ヂ・パウラ・マシャード(芝2000m)では、ゴール直前でクーロエカミーチャの強襲に遭い、惜しくも2冠はならなかった。3冠目、ブラジルのダービーにあたるGⅠクルゼイロ・ド・スル(芝2400m)では5着だった。それ以来レースには出走しておらず、通算成績は7戦2勝。


 香港では、チリ産馬ルックペン(現パンフィールド)がGⅠチャンピオンズ&チャターCを、ブラジル産馬ホルストン(現バターフィールド)がGⅢクイーン・マザー・メモリアルCを優勝したことで、南米馬への関心が高まっている。オウンゼム(Own Them)、キャプテンマイキャプテン(Captain My Captain)という2頭のブラジル産馬が、今年すでに香港へ移籍した。南米 ⇒ 香港の流れは今後さらに加速するだろう。


■ GⅠエスタード・ド・ヒオ・ヂ・ジャネイロ


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com