• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

プエルトリコで3冠馬誕生の予感


コンソラドール(Consolador) 写真:10 Furlongs https://diezfurlongs.com/2021/06/06/a-una-de-triple-coronarse-consolador-pur/

 6月6日、プエルトリコのカマレーロ競馬場でプエルトリコ3冠競走の2戦目GⅠコパ・ゴベルナドール(ダ1800m - 3歳)が行なわれた。4頭立てのレースは、好スタートからハナを切ったエドウィン・カストロ騎乗の1番人気コンソラドール(Consolador)が、2着のインパラブレ(Imparable)に10 1/2馬身もの大差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分52秒77。


 コンソラドールは父コンソール、母ティプシートーニャ、その父アワーエンブレムという血統の牡馬。2020年10月のデビュー戦は3着に敗れたが、前走5月2日のGⅠデルビー・プエルトリケーニョでは10 1/2馬身差で逃げ切り勝ちおさめ、今回の勝利でプエルトリコ2冠を達成した。


「この馬は高いポテンシャルを持っている。このまま無事でいることを願っている。もしすべてが順調で、馬の体調も問題なければ、3冠を達成できると信じているし、クラシコ・デル・カリベでも良い勝負ができる自信がある」と、レース後のインタビューでカストロ騎手は述べた。


 3冠最終戦となるGⅠサン・フアンは7月にカマレーロ競馬場のダート1900mで争われる。3冠達成となれば、2019年のルドゥー(Ledoux)以来2年ぶり14頭目となる。鞍上のエドウィン・カストロは、2012年のアルキテクト(Arquitecto)、2019年のルドゥーとこれまで2度の3冠制覇を成し遂げている。調教師のホセ・ダン・ペレスはアルキテクトを管理しており、3冠はそれ以来となる。


 昨年、プエルトリコではペルシステンテ(Persistente)という馬が、66年ぶり史上2頭目となる無敗の3冠を懸けて3冠目に出走した。しかし、レース中に骨折を発症し、競走を中止するという悲劇が起こった。ペルシステンテを所有していたのはソナータ・ステーブル、管理していたのはホセ・ダン・ペレス調教師。奇しくも、コンソラドールと同じ陣営である。陣営にとっては昨年のリベンジとなる。



----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

最新記事

すべて表示