• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ペルー初となるキャンディライド種牡馬が誕生

写真:BLOODHORSE

https://www.bloodhorse.com/horse-racing/thoroughbred/draft-pick/2015


 ペルーの生産牧場ハミド・ステーブルが、ランチョ・スル牧場、ロス・エウカリプトス牧場、エル・エラヘ牧場と共同で、アメリカからキャンディライド産駒のドラフトピック(Draft Pick)を種牡馬として購入した。まもなくペルーに到着する予定で、今シーズンから種付けを行なう。


 ドラフトピックは2015年にアメリカのヒンクル・ファームで産まれた。父キャンディライド、母ファイヤーハウスレッド、その父アーチという血統。キーンランド・セプテンバー・セールで45万ドルで落札された。3歳時にGⅢアファームドSを勝利し、2019年のGⅠパシフィック・クラシックSではハイアーパワー(Higher Power)の2着に入るなど、2019年12月に引退するまで15戦3勝という成績を残した。


 ペルー競馬では、2月にヒーナ・サンタ・ロサ牧場がニューイヤーズデイ産駒のブルボンレゾリューション(Bourbon Resolution)を購入したことを発表した。アメリカからペルーに導入される種牡馬は、ドラフトピックで今年2頭目になる。



■ 2018年GⅢアファームドS


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com