• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ポトリサリスの孫サンマルティンが福島民報杯に出走する

"Un nieto de Potrizaris busca hacer memoria en los clásicos"

https://www.turfdiario.com/un-nieto-de-potrizaris-busca-hacer-memoria-en-los-clasicos/

最終閲覧日:2020年4月18日



 1998年のGⅠナシオナル(アルゼンチン・ダービー)を制したポトリサリスの名を忘れることはできない。ポトリジャーソとカルディーの娘は後に日本に輸出され、何頭かの産駒が名声を獲得した。


 そのうちの1頭がサンデーサイレンス産駒のディアデラノビアである。複数の重賞勝ち馬であり、3度のGⅠ3着がある同馬は、現在は繁殖牝馬としても際立った存在である。ディアデラノビアを母に持つ1頭が、今週日曜日に福島競馬場で行なわれる芝2000mのリステッド競走福島民報杯に出走する。


 それがキャロットファーム所有のサンマルティンである。サンマルティンは前走で障害戦に挑んだが失敗し、再び平地のレースに戻ってくる。おそらく厳しい挑戦になるだろう。最後に勝利したのは、2018年5月に京都競馬場で行なわれたリステッド競走都大路Sである。同馬はこれまで6勝をあげ、GⅢ小倉記念で2着という成績がある。


 サンマルティンはGⅡとGⅢを勝利したドレッドノータスの全兄であり、半姉にはGⅡ府中牝馬Sを優勝するなどターフで輝かしい成績を残したディアデラマドレがいる。また、キングカメハメハ産駒のディアデルレイはリステッド競走福島民友Cの勝ち馬であり、GⅢマーチSでも2着に入った。


 サンマルティンは15頭と対峙する。管理するのは宮田敬介調教師で、鞍上は荻野極騎手を予定している。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com