• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

厨二病を患っていた頃に各キャラの戦闘力を必死こいて覚えた戦闘力5奴がドラゴンボール馬名を調べてみた

 まずはこちらの動画を見てほしい。これはスペインのバルセロナで開かれたマンガ・イベントにおける影山ヒロノブのライヴである。歌詞が日本語であるにもかかわらず、スペイン人たちは大合唱・大熱狂している。この瞬間、影山ヒロノブは間違いなく界王神を超えた。


 続いてこちらは、『ドラゴンボール超』の最終回を見るアルゼンチン人たちの様子をおさめた動画である。まるで日本の応援上映のようである。動画の4分20秒あたりでファンたちが「ディエ、シ、シエテ! ディエ、シ、シエテ!」とコールしているが、「ディエシシエテ」はスペイン語で数字の「17」を意味し、人造人間17号のスペイン語名である。


 この2つの映像を見るだけで、スペイン語圏におけるドラゴンボールの知名度の高さ、人気の強さがうかがえる。人気があるということは、つまりである。ドラゴンボールの登場人物の名前が馬の名前として使われているのではないかという推測ができる。そこで今回は、中南米に実在したドラゴンボール馬名を調べてみた。


 ドラゴンボール(Dragon Ball)という名の馬は2頭いる。1頭は2001年にアルゼンチンで産まれ、もう1頭は2008年にブラジルで産まれた。アルゼンチンのドラゴンボールは4戦0勝で引退し、ブラジルのドラゴンボールは競走馬としてデビューしていない。また、ドラゴンボールは現地で、ボラ・デ・ドラゴン(Bola de Dragón)やエスフェラ・デ・ドラゴン(Esfera del Dragón)と訳されることもあるが、いずれも馬名には使われていない。


◆ アルゼンチンのドラゴンボール


◆ ブラジルのドラゴンボール



 鳥山明(Toriyama Akira)、鳥山(Toriyama)、アキラ・トリヤマ(Akira Toriyama)という馬名は存在しない。しかし、アキラ(Akira)という馬がアルゼンチンに2頭、チリに1頭、ペルーに1頭いる。しかし、鳥山明から取ったのかどうかは不明である。以前、ポケモン馬名を調べているときにニンテンドーとニンテンドーインクという馬名を見つけたが、集英社、東映アニメーション、フジテレビに繋がるような名前に加えて、Cha-La Head-Cha-La や WE GOTTA POWER のような主題歌に関係する馬名も見当たらなかった。


◆ ペルーのアキラは2018年産の2歳馬なのでこれからデビューする。



 ここからは登場人物の馬名について紹介する。しかし、初代から超まで含めると膨大な数のキャラクターがいる。脇役・チョイ役まで調べるとなると原稿料が欲しいくらいだ。というわけで、誠に勝手ながら『ドラゴンボールZ』の主要キャラに限定させてもらった。今回調べた登場人物一覧は以下のとおりである。この中から、実在する馬だけを記載した。言い換えれば、記載のない馬は存在しないということである。留意してほしいのが、中南米のみの調査であること。たとえば、ベジータはオーストラリアに、ビーデルはアイルランドにいるが、中南米ではないのでカウントしていない。また、ドラゴンボールの掲載は1984年からなので、1984年以降産まれの馬でないとドラゴンボール馬とは認定できない。


☆ 調べた名前一覧

ウーブ、ウーロン、ウミガメ、カリン、ギニュー、キビト、キュイ、クウラ、クリリン、グルド、グレゴリー、ゴジータ、ゴテンクス、コルド、ザーボン、ジース、ジャネンバ、シュウ、スポポビッチ、セル、セル・ジュニア、ダーブラ、タピオン、チチ、デンデ、ドクター・ゲロ、ドドリア、トランクス、ナッパ、ネイル、バータ、バーダック、パイクーハン、バビディ、バブルス、バリー・カーン、パン、ビーデル、ピッコロ(マジュニア)、ビビディ、ピラフ、ヒルデガーン、プイプイ、プーアル、ブラ、フリーザ、ブリーフ、ブルマ、ブロリー、ベジータ、ベジット、ボージャック、ポルンガ、マーロン、マイ、ミスター・サタン、ミスター・ポポ、ミノシア、ヤコン、ヤジロベー、ヤムー、ヤムチャ、ラディッツ、ランチ、リクーム、界王、界王神、亀仙人(武天老師)、牛魔王、最長老、栽培マン、神、神龍、人造人間16号、人造人間17号、人造人間18号、占いババ、孫悟空、孫悟天、孫悟飯、鶴仙人、天津飯、桃白白、武泰斗、魔人ブウ、閻魔大王、餃子



 ブラジルにサンゴクウ(San Goku)というパクリ中華キャラみたいな馬名はいるものの、孫悟空という名前の馬は存在しない。しかし、ゴクウ(Goku)と名づけられた馬はペルーに1頭、ブラジルに1頭、そしてメキシコに1頭いる。ブラジルのゴクウは9戦0勝と未勝利馬ながら、2005年のGⅠクルゼイロ・ド・スル(ブラジル・ダービー)に出走した。これまでカカロットという馬はおそらく世界で存在しなかった。だが2019年、ついにアルゼンチンでカカロット(Kakarotto)が産声をあげた。同日にブロリーという馬が産まれていれば面白いのだが、さすがにそんな偶然があるはずもなく、ブロリーという名の馬自体いない。


◆ ブラジルのゴクウ


◆ アルゼンチンのカカロット



 チリとペルーに1頭ずつチチ(Chichi)という馬がいた。しかし、ペルーのチチは牡馬である。鬼嫁イメージの弊害だろうか。チリのチチは33戦2勝という成績を残している。ゴハン(Gohan)は1999年にペルーで誕生したが、競走馬としてデビューしていない。きっと争い事が嫌いで、学者になる道を選んだのだろう。ゴテン(Goten)という馬はブラジルに1頭だけいるが、産まれたのが1984年なので、時期的にドラゴンボール馬名と言うことはできな


◆ チリのチチ。国名コードが CHI なので CHI が3つ並ぶ。


◆ ペルーのゴハン



ピッコロ(Piccolo)はナメック語で「違う世界」という意味に加え、イタリア語で「小さい」という形容詞である。また楽器の名前でもあるため、ピッコロと名づけられた馬は世界中に数多くいる。イギリスではGⅠ馬となったピッコロさんがいるそうだ。コイツはきっと同化したに違いない。南米では1984年にベネズエラで、1993年にブラジルで、2017年にウルグアイでピッコロという馬が産まれている。ウルグアイのピッコロは2020年6月20日にデビューし、現在まで7戦して2勝をあげている。世界征服に向けてウォーミングアップ中か。ちなみに、マジュニア(Ma Junior)という馬はいない。


◆ ウルグアイのピッコロ



 ブルマ(Bulma)は2008年にペルーで産まれたブルマと、2017年にアルゼンチンで産まれたブルマがいる。前者は12戦0勝、後者は4戦0勝である。トランクス(Trunks)は2000年にベネズエラで産まれている。クリリン(Krilin)は中南米には存在しないが、2007年にスペインで産まれた牡馬がクリリンと名づけられている。4戦3勝2着1回となかなかの活躍をした。ウーロン(Oolong)はジャマイカに1頭いるが、残念ながら4戦0勝と未勝利である。


◆ ペルーのブルマ


◆ スペインのクリリン