• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

最強の日本人のおなまえ(名字編)

 アメリカのGⅠを勝ったヨシダ(Yoshida)や、ドイツのGⅠを勝ったイトウ(Ito)など、まるで日本人の名字のような名前をつけられた馬がいる。最近では、タイガータナカ(Tiger Tanaka)やコンドウイサミ(Kondo Isami)という名前の馬も登場した。


 そこで疑問に思ったのは、日本人の名前をつけられた馬はどのくらいおり、その中でもっとも活躍したのはどの馬なのかということである。



競馬界で最強の名字馬はいったい誰だ?



 しかし、日本人の名字は数えきれないほどバリエーションが豊富である。鈴木さんもいれば大谷さんもいるし、一番合戦さんもいる。そのすべてを調べることはできないので、今回は『名字由来net』に掲載されている全国名字ランキングの TOP50 に絞り、それを "Thoroughbred Horse Pedigree Query" で検索することにした。



名字ランキング & 頭数

1位 佐藤:4頭(Satoが3頭、Satouが1頭)

2位 鈴木:6頭

3位 高橋:2頭

4位 田中:11頭

5位 伊藤:11頭(Itoが10頭 Itouが1頭)

6位 渡辺:2頭 

7位 山本:1頭

8位 中村:8頭

9位 小林:3頭

10位 加藤:8頭(Katoが8頭、katouは0頭)

11位 吉田:4頭

12位 山田:1頭

13位 佐々木:4頭

14位 山口:4頭

15位 松本:2頭

16位 井上:0頭

17位 木村:6頭

18位 林:2頭

19位 斎藤:1頭(Saitoが1頭、Saitouは0頭。なお、ジャンポケ産駒ではない)

20位 清水:3頭 

21位 山崎:6頭(Yamazakiが4頭、Yamasakiが2頭)

22位 森:5頭

23位 池田:0頭

24位 橋本:3頭

25位 阿部:3頭

26位 石川:2頭

27位 山下:1頭

28位 中島:0頭(NakajimaもNakashimaもいない)

29位 石井:2頭(Ishiが2頭、Ishiiは0頭)

30位 小川:0頭

31位 前田:3頭

32位 岡田:1頭

33位 長谷川:0頭

34位 藤田:2頭

35位 後藤:1頭(Gotoが1頭、Gotouは0頭)

36位 近藤:0頭(KondoもKondouもいない)

37位 村上:6頭

38位 遠藤:2頭(Endoが2頭、Endouは0頭)

39位 青木:1頭

40位 坂本:3頭

41位 斉藤:斎藤に同じ

42位 福田:1頭

43位 太田:4頭(Otaが4頭、Ootaは0頭)

44位 西村:0頭

45位 藤井:10頭(Fujiが10頭、Fujiiは0頭)

46位 金子:1頭

47位 岡本:0頭

48位 藤原:1頭

49位 三浦:12頭

50位 中野:4頭



 人間界でもっとも多い名字は「佐藤」だが、サラブレッド界でもっとも多い名字は「三浦」の12頭である。「田中」と「伊藤」が11頭で並び、4位には10頭で「藤井」がランクインする。しかし、藤井の場合は少々問題がある。アルファベットにすると "Fuji" となり、富士山の富士、マウント・フジのフジと同じ表記になってしまう。10頭はいずれも藤井ではなく、富士を意味するだろう。


 ある程度予想できたかもしれないが、これら名字馬の中でもっとも活躍した馬は、ハーツクライ産駒のヨシダ(Yoshida)である。2014年に日本で産まれ、アメリカで競走生活を送ったこの牡馬は、2018年にGⅠオールド・フォレスター・ターフ・クラシックSとGⅠウッドワードSを優勝した。通算成績は18戦5勝、獲得賞金額は250万ドル以上にもなる。現在はアメリカのウィンスターFで種牡馬として供用されている。吉田は競馬界でも最強であり、生産界でも最強であり、霊長類としても最強なのである。


 ヨシダに負けず劣らずの活躍を見せたのが、2011年にドイツで産まれたイトウ(Ito)である。2014年4月に競走馬としてデビューすると、4歳時にミュンヘン競馬場で行なわれたGⅠバイエルンを鞍上フィリップ・ミナリクで優勝した。その後遠征したジャパンCでは最下位に敗れたものの、翌年にはGⅡ競走を優勝した。


 もう1頭、名字馬として突出した成績をおさめたのが、トルコのカネコ(Kaneko)である。2001年にトルコで産まれたこのピヴォタル産駒は、トルコの2000ギニーにあたるGⅠErkek Tay Deneme(読めん!)を優勝し、トルコのダービーにあたるGⅠガジ・ダービーでも2着に入った。同じ年の10月にはGⅠイスタンブールも優勝するなど、通算成績40戦13勝のうち6勝が重賞競走である。2005年にはドバイに遠征し、GⅢマクトゥーム・チャレンジR1で2着、R2で3着と奮闘した。


■ トルコの2000ギニーを勝利したカネコ(Kaneko)



 その他に重賞を勝利した名字馬には、1907年にGⅢアグアードを優勝したフランスのハヤシ(Hayashi)、1987年のGⅢアルトゥーロ・A・ブルリッチを優勝したアルゼンチンのモリ(Mori)がいる。また、フランス産まれのゴトウ(Goto)は、2002年に行なわれたスイス・ダービーを鞍上オリビエ・ペリエで優勝した。アメリカのナカノ(Nakano)は重賞勝ちこそないが、2012年のGⅠプリンセス・ルーニーHで3着に入った。


 競走馬としては活躍できなかったが、興味深い名字馬を以下に紹介する。


 血統的に興味深いのは、1951年にイタリアで産まれたタナカ(Tanaka)である。父母と母母にトファネッラ(Tofanella)という馬を持つ。つまり、異父姉弟の交配で誕生したということである。


 1948年にアメリカで産まれたカトウ(Kato)も強烈な近親交配によって誕生した牝馬である。父のブルドッグ(Bull Dog)と母母母マルグリットドヴァロワ(Marguerite de Valois)は全姉弟関係にあたる。


 最後に、アメリカで産まれたサトウ(Sato)について触れなければならない。サトウは父プチリンギ(Puchilingui)、母スプリングタイムガール(Springtime Girl)との間に1996年に産まれた牡馬である。競走馬としては1戦0勝で引退したのだが、注目すべきはそのルックスである。父プチリンギは鹿毛と白毛のぶち模様(W5)であり、その仔サトウもゴールド・パロミノ&ホワイト・サビオ、つまり、月毛と白毛のぶち模様という珍しい毛色の持ち主なのである。世界でこの馬しかいない毛色だそうだ。もっとも強い名字馬はヨシダだが、もっとも美しい名字馬はサトウで間違いないだろう。

写真:Blazing Colours Farm http://www.blazingcoloursfarm.com/Sato.html


 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いいたします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------