• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

白毛馬ソダシが阪神JFを優勝

"De pelaje puramente blanco Sodashi (JPN) gana el Hanshin Juvenile Fillies"

https://diezfurlongs.com/2020/12/13/de-pelaje-puramente-blanco-sodashi-jpn-gana-el-hanshin-juvenile-fillies/

最終閲覧日:2020年12月14日



 吉田隼人が騎乗した2歳牝馬ソダシは、4戦4勝と無敗を守って、阪神JFで初のGⅠ制覇を果たした。レースは阪神競馬場の芝1600mで行なわれ、勝ちタイムは1分33秒1だった。ノーザンファーム生産のソダシは、GⅢ札幌2歳ステークスをレコードタイムで制し、東京競馬場で行なわれたGⅢアルテミス・ステークスにも優勝してここに臨んだ。素晴らしい競走馬であるということの他に、この若駒は生まれたときから日本でとても注目されていた。なぜなら、母系からの遺伝による白毛という特徴ある毛色の持ち主だからである。


 白馬とは、全身が完全に白い毛で覆われた毛色の持ち主である。研究によると、突然変異で生じるものだという。ソダシの母母はユキチャンというサンデーサイレンスの娘であり、この馬が"W14 White Spotting mutation"の持ち主である。この遺伝子を持つ馬の大半が、ユキチャン自身も含み、白毛の競走馬となっている。その中には、2010年のNARグランプリ最優秀牝馬に選ばれたソダシの母ブチコもいる。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com