• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

種付け頭数から予想するアルゼンチン血統の変化

 アルゼンチン・スタッドブックが、2020年における各種牡馬の種付け頭数を発表した。本記事ではその詳しい内容を見ていくが、1年だけの数値を見ても血統事情の流れや変化をつかむのは難しいだろう。したがって、以下に2010年から2020年までの種付け頭数を添付し、その推移から今後アルゼンチン競馬の血統がどうなっていくのか考察する。


※以下、最終閲覧日は2021年3月4日。2020年の種付け数は情報が更新されて変動する場合あり。


【2010年】


【2011年】


【2012年】


【2013年】


【2014年】


【2015年】


【2016年】


【2017年】


【2018年】


【2019年】


【2020年】


 近5年はアルゼンチン生産界にとって衝撃の連続だった。これまでアルゼンチン競馬を支えてきた名種牡馬たちが続々とこの世を去ったのである。以下、主な種牡馬の死を列挙した。


・2015年3月 ストームサージ

・2015年6月 ノットフォーセール

・2017年1月 ローマンルーラー

・2019年3月 キャッチャーインザライ

・2019年9月 イージングアロング

・2020年4月 セビヘイロー

・2021年1月 オーペン


 高齢化の波も押し寄せている。たとえば、2008年にアルゼンチン最優秀種牡馬に選出されたインキュラブルオプティミスト(Incurable Optimist)は、現在も種牡馬として供用されているものの、25歳と高齢のため種付け頭は全盛期の10分の1に減っている。2018年に最優秀種牡馬に輝き、2020年も最多獲得賞金でリーディングを獲得したイークワルストライプス(Equal Stripes)も21歳と、いつ何が起こるか分からない年齢に達している。


 日本ではディープインパクト、キングカメハメハ、クロフネといった大種牡馬の死が続き、彼らに代わる新しい種牡馬の台頭が求められている。その答えが、カリフォルニアクローム、ブリックスアンドモルタル、シスキンなどの導入だろう。アルゼンチン生産界でも血の転換期が訪れている。では、アルゼンチンではどのような血統が興隆していくだろうか。種付け頭数から、3つの流行を予想したい。



流行① スキャットダディ


 ここ数年における種付け頭数が目立つのが、エル・パライソ牧場で供用されているイルカンピオーネ(Il Campione)である。イルカンピオーネは2011年8月5日にチリのパソ・ネバード牧場で産まれた。父スキャットダディ、母父プレザントタップという血統。所有していたのは、現在イタリア・セリエAのインテルに所属するアルトゥーロ・ビダルだった。現役時代は11戦8勝、チリのダービーを含むGⅠ4勝と、21世紀のチリを代表する名馬である。ダービー後にアメリカのチャド・ブラウン厩舎に移籍したが、1戦しただけで現役を引退。2017年からアルゼンチンのエル・パライソ牧場で種牡馬入りした。


 2017年は129頭で5位、2018年は171頭、2019年は161頭、2020年は自身最多となる175頭で3年連続1位と、イルカンピオーネは現在アルゼンチンでもっとも人気のある種牡馬である。2021年2月20日に産駒が初出走し(エルエバリスト、9着)、同月28日には2頭目の出走となったエルインフォルマードが勝利をあげた。今後の結果次第では、アルゼンチン生産界のカンピオーネ(イタリア語でチャンピオンの意味)に君臨する。


■ エルインフォルマード号の勝利=イルカンピオーネ産駒の初勝利


 イルカンピオーネの人気は、言い換えれば、スキャットダディの血がアルゼンチンで期待されているということである。


 アボレンゴ牧場ではスキャットダディ産駒のダディーロングレッグス(Daddy Long Legs)が種牡馬として供用されている。ダディーロングレッグスは2014年から2018年までチリで繋養されていたが、2019年からアルゼンチンの同牧場に移動した。2019年は133頭に種付けして3位、2020年も139頭に種付けして3位と、際立った数字を残している。


 また、2014年にチリのGⅠセントレジャーを勝利し、2017年からアルゼンチンのコスタ・デル・リオ牧場で種牡馬となったサザンキャット(Southern Cat)もスキャットダディの仔である。2018年には117頭に種付けして、10位にランクインしている。


 スキャットダディ自身がチリのパソ・ネバード牧場にシャトルされていたこともあり、南米スキャットダディといえば、これまではチリ馬のイメージが強かった。チリ・オークスを含むGⅠ2勝をあげたワピ、カレンブーケドールの母でチリ・ダービー馬でもあるソラーリア、チリからアメリカに移籍してGⅢを勝ったサネヌスと、スキャットダディ産駒の活躍馬は枚挙にいとまがない。ノーネイネヴァー、ダディーロングレッグス、メンデルスゾーンといったスキャットダディ産駒が種牡馬として導入され、スキャットダディのチリ生産界における影響力は今後も強いだろう。


 人気に便乗したという言い方は適切ではないかもしれないが、スキャットダディ市場にアルゼンチンが参入してきた。チリで始まったスキャットダディ・ブームが、イルカンピオーネとダディーロングレッグスを導入したアルゼンチンを経由して、南米全体のブームになるかもしれない。


 余談だが、ベネズエラにはタップダディ(Tap Daddy)というベネズエラGⅠを5勝したアメリカ産馬がおり、2021年から同国のエル・センタウロ牧場で種牡馬として活動を始める。スキャットダディの血はベネズエラでも広がるに違いない。