• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

2020年アルゼンチン競馬の表彰馬一覧(カルロス・ペジェグリーニ賞)

年度代表馬


テターセ(Tetaze)

 

 3月に行なわれたGⅠラティーノアメリカーノを優勝し、南米王者に輝いたことが評価された。しかし、昨年は2戦1勝しかしておらず、4戦4勝と無敗でGⅠを3勝したストラテゴスや、GⅠを2勝し、南米最大のGⅠ競走カルロス・ペジェグリーニでも2着になったピンボールウィザードと比べて明らかに成績で劣るため、やや疑問が残る投票結果となった。先日現役引退を発表し、今シーズンからラ・ミッション・ロブレス牧場で種牡馬となる。



年度代表牝馬


エルヴァス(Elvas)


 昨年は4戦3勝、重賞2勝。アルゼンチンのエリザベス女王杯にあたるGⅠコパ・デ・プラタを優勝した。GⅠエストレージャス・ディスタフを優勝したチタディリオとの一騎打ちだったが、満場一致での選出となった。なお、エルヴァス、チタディリオ、共に日本に繁殖牝馬として購入され、アイルランドで種付けをした。



最優秀2歳牝馬


新型コロナウイルスによる2歳戦の中止により選出なし。



最優秀2歳牡馬


新型コロナウイルスによる2歳戦の中止により選出なし。



最優秀3歳牝馬


ベジャガンバ(Bellagamba)


 6戦3勝、重賞2勝。3歳牝馬限定のGⅠエンリケ・アセバルを優勝した。昨年は新型コロナウイルスの影響で2~3歳の開催日程が乱れた影響もあり、3歳牝馬戦線は混迷を極めていた。1000ギニーにあたるGⅠポージャ・デ・ポトランカスの勝ち馬スコティッシュスター、オークスにあたるGⅠセレクシオンの勝ち馬マミービーチと票が割れ、僅差での選出となった。現在はアメリカに渡って現役続行中。



最優秀3歳牡馬


クールデイ(Cool Day)


 4戦2勝と数字は物足りないが、3冠競走2戦目のGⅠジョッキークルブで2着、そして南米最大のGⅠ競走カルロス・ペジェグリーニを優勝と、内容の濃い一年だった。アルゼンチンのダービーにあたるGⅠナシオナルを15馬身差で圧勝したグレートエスケープとの二択だったが、意外にもクールデイに票が集中した。売却交渉・体調不良により今年は未出走だが、10月24日にウルグアイで行なわれるGⅠラティーノアメリカーノ出走を目指している。



最優秀古馬牝馬


エルヴァス(Elvas)


 上述。



最優秀古馬牡馬


ピンボールウィザード(Pinball Wizard)


 2019年にマイルGⅠを勝った馬だが、2020年は長距離路線に転向して、見事に結果を残した。ダート2000mのGⅠエストレージャス・クラシックで2着になると、GⅠサン・マルティン、GⅠコパ・デ・オロと芝2400mのGⅠを2勝し、同距離のカルロス・ペジェグリーニでも2着になった。最優秀古馬牡馬がピンボールウィザードなのに、年度代表馬がテターセというのは、やはり疑問が残る。今年は腱の怪我に苦しめられており、いまだレースには出ていない。回復が待たれる。



最優秀スプリンター


ストラテゴス(Strategos)


 昨年は4戦4勝、直線1000mのGⅠを3勝と圧倒的な成績を残し、満場一致での選出となった。今年は距離延長に挑み、主戦場からは倍の距離にもなる2000mのGⅠデ・オノールを優勝した。アルゼンチン現役最強馬であり、10月にウルグアイで行なわれるGⅠラティーノアメリカーノ出走を最大目標としている。



最優秀マイラー


イリデオ(Irideo)


 やや驚きの受賞となった。12月にサン・イシドロ競馬場の芝1600mで行なわれたGⅠホアキン・S・デ・アンチョレーナを優勝したが、昨年はエストレージャス・マイル、パレルモとダート1600mのGⅠを2勝したパワーアップがおり、こちらの選出が濃厚と思われていた。アルゼンチンのマイル路線は層が薄く、票が割れたのだろう。現在はアメリカに移籍し、デビューに向けて調教を積んでいる。



最優秀長距離馬


ピンボールウィザード(Pinball Wizard)


 上述。



最優秀種牡馬


イークワルストライプス(Equal Stripes)


 2020年は勝利数で2位、獲得賞金で大差の1位を獲得した。南米王者テターセ、ダービー馬グレートエスケープ、3冠競走の2戦目ジョッキークルブを勝ったマリニャック、エストレージャス・ディスタフの勝ち馬チタディリオ、エストレージャスJFの勝ち馬インファルターメと、5頭の産駒がGⅠ競走を優勝した。2018年以来、2度目のの受賞である。7月で22歳と高齢だが、昨年も含めて毎年100頭以上に種付けを行なっている。



最優秀ブルードメアサイアー


オーペン(Orpen)


 58勝はリーディング6位だが、獲得賞金で1位を獲得したため、2020年のもっとも優れた母父に選出された。オーペンを母父に持つGⅠ馬は、テターセ、マリニャック、スコティッシュスターがいる。残念ながら2021年1月に亡くなったが、アルゼンチン競馬界への影響力は今後しばらく続くだろう。



最優秀繁殖牝馬


キャンディーウーマン(Candy Woman)


 ストラテゴスの母で、オホス・クラーロス牧場で繋養されている。