• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

8頭目の日本3冠馬

"Octavo triple coronado de Japón"

https://diezfurlongs.com/2020/10/25/octavo-triple-coronado-de-japon/

最終閲覧日:2020年10月26日



 ディープインパクトとロードクロサイトの息子であるコントレイルは、8頭目の日本3冠馬となっただけでなく、2005年に父ディープインパクトと同じく無敗での3冠達成という偉業を達成した。生産はノースヒルズ、馬主は前田晋二氏。


 2歳時には中山競馬場の芝2000mで行なわれたGⅠホープフルSと、東京競馬場の芝1800mで行なわれたGⅢ東京スポーツ杯2歳Sを制し、その年の最優秀2歳牡馬に選出された。


 3歳になっても、コントレイルの支配は揺るがなかった。福永祐一騎手を背に、日本の2000ギニーにあたる皐月賞とダービーにあたる東京優駿を優勝した。菊花賞の直線は単なる直線ではなかった。なぜなら、クリストフ・ルメール騎手のアリストテレスが最後の直線で追いすがってきたために、コントレイルは死力を尽くさなければならなかったからである。


 コントレイルは3000mを3分5秒5で走り、1984年のシンボリルドルフ、2005年のディープインパクトと並び、無敗の3冠馬の仲間入りをした。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com