• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ヴィレッジキングが3度目の挑戦で南米の凱旋門賞を優勝


写真:Hipódromo San Isidro(@HipodromoSI) https://twitter.com/HipodromoSI/status/1469832291857879043

 12月11日、アルゼンチンのサン・イシドロ競馬場でGⅠカルロス・ペジェグリーニ(芝2400m - 3歳以上)が行なわれた。南米最大のGⅠ競走であり、『南米の凱旋門賞』と称されることもある。


 今年は19頭で争われた。昨年の覇者⑰クールデイ(Cool Day)、2019年の2冠馬⑤ミリニャーケ(Miriñaque)、GⅠ3勝の⑨ヴィレッジキング(Village King)の古馬に、今年のGⅠ2000ギニーの勝ち馬③ベスパシアーノ(Vespaciano)、ダービー2着の⑮ストアフロント(Storefront)、2戦2勝の⑪ペロプラティナード(Pelo Platinado)の3歳馬がぶつかる構図となった。また、ウルグアイから⑲アゼルスタ(Athelsta)と⑥ハッピーデイ(Happy Day)が遠征した。


 レースはフアン・ノリエガ騎乗の①サンディーノルーラー(Sandino Ruler)がハナを切る展開となった。⑯エンカリラード(Encarrilado)が外枠から2番手につけ、ヴィレッジキングとストアフロントが並んだ3番手を追走した。4コーナーを回ったところでマルティン・バジェ騎乗の5番人気ヴィレッジキングが絶好の手応えで先頭に立つと、後ろの馬はまったくついて行けなかった。ゴールしたときには、2着に9馬身もの大差がついていた。勝ちタイムは2分23秒42。2着には追い込んだミリニャーケが、3着にはサンディーノルーラーが粘り、終わってみればGⅠラティーノアメリカーノにアルゼンチン代表として出走した3頭が上位を独占し