• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

2022年のエストレージャス競走がサン・イシドロ競馬場に開催変更(※5月1日追記あり)

 4月12日、アルゼンチン競馬協会(FEAR)は2022年のエストレージャス競走をサン・イシドロ競馬場で開催すると発表した。同競馬場での開催は2017年以来となる。


 エストレージャス競走はアメリカのブリーダーズ・カップに倣って1989年10月に構想が決まり、1991年に第1回が行なわれた。1991年から1994年まではサン・イシドロ競馬場の芝コースで、1995年から1998年まではパレルモ競馬場のダートコースで、それ以降はサン・イシドロ競馬場とパレルモ競馬場で交互に開催された。


 2018年からパレルモ競馬場のみでの開催となり、2021年まで4年連続で同競馬場で行なわれた。2022年も当初はパレルモ競馬場で日程が組まれていたが、今年に入ってアルゼンチン競馬協会とパレルモ競馬場が協議を重ね、今年はサン・イシドロ競馬場で開催することが正式に決まった。


 エストレージャス競走は毎年6月末に行なわれるため、2ヶ月前という急遽の開催地変更となった。馬場もダートコースから芝コースに変わるため、出走を予定していた馬に大きな影響を与えることになるだろう。


 また、アルゼンチン競馬協会は他に2つのことを発表した。1つ目が、今後の開催を以前のようにサン・イシドロ競馬場とパレルモ競馬場のローテーション開催とすること。2つ目が、今年のレース賞金を昨年の倍にすること。メインレースであるGⅠエストレージャス・クラシック(芝2000m - 3歳以上)の賞金総額は、2021年の480万ペソから960万ペソに引き上げられる。



※5月1日、今年の開催がやはりパレルモ競馬場になることが発表された。



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260