• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

良血馬スカルペッタがGⅡパルティクラで待望の重賞初制覇


写真:Hipódromo San Isidro(@HipodromoSI) https://twitter.com/HipodromoSI/status/1530657189614043137

 5月28日にアルゼンチンのサン・イシドロ競馬場で行なわれたGⅠパルティクラ(芝2200m - 3歳以上牝馬)は、フアン・ノリエガ騎乗の3番人気③スカルペッタ(Scarpetta)が、3番手追走から直線抜け出し、2着の⑦エネストローサ(Henestrosa)に3 1/2馬身差をつける快勝をおさめた。良馬場の勝ちタイムは2分14秒75。1番人気に支持されたアグネスゴールド産駒のラヴストーリー(Love Stroy)は3着だった。


「才能のある牝馬。良い走りをしてくれた。道中は3番手につけ、直線に入ってすぐに外のスペースに出し、素晴らしい形で勝利をおさめた。今日は長らくラ・プロビデンシアの主戦を務めていたアルタイル・ドミンゴスが来ており、彼と勝利を分かち合えて嬉しい」と、鞍上のフアン・ノリエガ騎手は述べた。


 スカルペッタは父スーパーセイヴァー、母スカルラット、その父オーペンという血統の3歳牝馬。2018年8月30日にアルゼンチンのラ・プロビデンシア牧場で産まれた。母のスカルラット(Scarlatt)はGⅡ馬で、半姉に2020年のGⅠポージャ・デ・ポトランカスを7馬身差で勝利したスコティッシュスター(Scotish Star)がいるという良血馬である。


 デビュー前から期待されていたが、2021年5月31日のデビュー戦を7馬身、10月29日の2戦目を3馬身差で勝利したことでいっそう注目される存在となった。しかし、12月のGⅠコパ・デ・プラタ(芝2000m - 3歳以上牝馬)で10着と大敗し、その後もGⅡで5着、GⅠで5着と結果を残せなかった。今回から鞍上がフアン・ノリエガ騎手に代わり、名手に導かれて待望の初重賞勝利となった。通算成績は6戦3勝(重賞1勝)。




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e