• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

【快挙】素質馬マヌーカがGⅡを勝利、アグネスゴールドが南米重賞通算100勝を達成


マヌーカ(Manuca)
写真:Hipódromo San Isidro(@HipodromoSI) https://twitter.com/HipodromoSI/status/1591901156040708096


 11月13日にアルゼンチンのサン・イシドロ競馬場で行なわれたGⅡカルロス・P・ロドリゲス(芝1600m - 3歳以上牝馬)は、フランシスコ・ゴンサルヴェス騎乗の1番人気①aマヌーカ(Manuca)が勝利した。道中は後ろから2,3番手の位置で脚を溜めると、直線で外に持ち出されて力強く伸びた。勝ちタイムは1分34秒49。2着にも同馬主の④マギーメイ(Maggie May)が入り、アグネスゴールド産駒によるワンツー決着となった。


 マヌーカは父アグネスゴールド、母マイフェアーレディー、その父アワーエンブレムという血統の3歳牝馬。2019年8月15日にブラジルのヒオ・ドイス・イルマノス牧場で産まれた。母のマイフェアーレディー(My Fair Lady)はGⅠ2着の実績があり、全姉のラルヴィエール(La Louviere)はブラジルのGⅢを2勝し、GⅠでも2着に入った。


 2022年3月19日のデビュー戦を10馬身差で圧勝した。5月1日のGⅠホルヘ・デ・アトゥーチャでは勝ち馬から18馬身も離された6着と大敗したが、復帰戦となった10月7日の特別競走エンピリックでは1 1/2馬身差の差し切り勝ちをおさめた。4戦目の今回で古馬を撃破して重賞初制覇を飾った。通算成績は4戦3勝(重賞1勝)。


 次走はおそらく12月17日にサン・イシドロ競馬場で行なわれるGⅠコパ・デ・プラタ(芝2000m - 3歳以上牝馬)になるだろう。素質の高さは世代トップクラスで、いっきにアルゼンチン牝馬の頂点に上り詰める可能性もある。



 なお、マヌーカの勝利により、アグネスゴールドが南米重賞通算100勝を達成した(※ドーピング違反などによる今後の降着・失格がない場合)。2012年3月31日にブラジルのガヴェア競馬場で行なわれたGⅡルイス・フェルナンド・シルニ・リマを勝ったエネルジアエレガンチ(Energia Elegante)から、2022年11月13日にアルゼンチンのサン・イシドロ競馬場で行なわれたGⅡカルロス・P・ロドリゲスを勝ったマヌーカ(Manuca)まで、およそ10年8ヶ月かけての達成となった。


☆ アグネスゴールド産駒の重賞勝利一覧

https://www.keiba-latinamerica.com/data-japanesestallion-all


☆ 国別成績

ブラジル 86勝

ウルグアイ 9勝

アルゼンチン 5勝


☆ 競馬場別成績

(ブ)ガヴェア競馬場 63勝

(ブ)シダーヂ・ジャルヂン競馬場 20勝

(ウ)マローニャス競馬場 9勝

(ア)サン・イシドロ競馬場 4勝

(ブ)クリスタル競馬場 3勝

(ア)パレルモ競馬場 1勝


☆ 重賞別成績

GⅠ 26勝

GⅡ 42勝

GⅢ 32勝


☆ 性別別成績

牝馬 60勝(GⅠ14勝、GⅡ26勝、GⅢ20勝)

牡馬 40勝(GⅠ12勝、GⅡ16勝、GⅢ12勝)


☆ 主な表彰と実績

ブラジル最優秀種牡馬 2回

ブラジル種牡馬リーディング 3回

ブラジル年度代表馬 1回

ウルグアイ年度代表牝馬 1回

ブラジル最優秀2歳牡馬 1回

アルゼンチン最優秀2歳牡馬 1回

ブラジル最優秀3歳牝馬 3回

ブラジル最優秀4歳以上牝馬 1回

ブラジル最優秀マイラー 1回

ブラジル最優秀長距離馬 1回

ブラジル牝馬3冠 1回(※無敗)

ブラジル・ダービー 2勝

ブラジル・オークス 4勝

サンパウロ・オークス 1勝

アメリカGⅠ 2勝

3年連続BC出走

ブラジルで『アグネスゴールド特別』創設




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com