top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

リオネル・メッシの名言(暴言)が馬名になる

 アルゼンチンがワールドカップを優勝したことは、アルゼンチン競馬界にも大きな影響を与えている。アルゼンチン代表はスカローニ監督が率いていたため『ラ・スカロネータ(La Scaloneta)』という愛称で呼ばれており、優勝後にはさっそくラスカロネータという名前の馬が誕生した。


 つい最近、サッカー・アルゼンチン代表に関連した馬名が再びつけられた。だが、今回はおふざけのニュアンスが強いかもしれない。


 カタール・ワールドカップの準々決勝アルゼンチンVSオランダは、PK戦の結果アルゼンチンが勝利した。荒れ模様の1戦となり、試合が終わっても両者のヒートアップは続いた。


 この試合でもっとも印象的なシーンであり、かつ、アルゼンチン国内では伝説の一言としてTシャツまで発売された場面がある。アルゼンチンの英雄リオネル・メッシがインタビューに答えている最中、通りがかったオランダ代表のボウト・ベグホルストに対して「何見てんだよ、バカ野郎! 失せろ!」と激怒したのである。



 この「何見てんだよ、バカ野郎!」、スペイン語で言う「ケ・ミラ・ボボ(Qué mirá bobo)」というメッシの名言(暴言)が馬名として採用された。2022年11月23日に産まれたばかりのドモネット産駒の牡馬が、ケミラボボと名づけられたのである。


 「何見てんだよ、バカ野郎!」だが、最近 SNS に載せられた動画では、馬名の由来をまったく感じさせない可愛らしい姿を見せている。2,3年後にはおそらく「何見てんだよ、バカ野郎!」ブームは去っているだろうが、再ブームを巻き起こすくらいの活躍を見せてほしいところである。

 



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

【Twitter】 @koyakinoshita24

【Instagram】 @kinoshita_koya1024

【Mail】 kinoshita.koya1024@gmail.com

【HP】 https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page