top of page

体調に悩まされ続けたティオボーイがGⅠダルド・ロチャで待望のGⅠ初勝利をあげる


ティオボーイ(Tío Boy)

 12月2日、アルゼンチンのラ・プラタ競馬場でGⅠダルド・ロチャ(ダ2400m - 3歳以上)が行なわれた。同競馬場で最大の競走である。


 本来なら毎年11月19日に開催される。しかし、今年はアルゼンチン大統領選の決選投票が11月19日に開催されたため、12月2日に延期された。





 当初は20頭立てが予想されたが、3頭が取り消して17頭で争われた。GⅠ馬が1頭もいないだけでなく、本命視されていた③ノチェーロケリード(Nochero Querido)も古傷の影響で取り消したため、ラ・プラタ競馬場で最大の競走という割には寂しいメンバー構成となってしまった。


 単勝オッズ1桁台は8頭もいた。ジュンタ(同馬主・同厩舎を同一馬番として処理する仕組み)となった⑮コディアクボーイ(Kodiak Boy)と⑮aメントトゥビー(Meant To Be)が3.55倍で1番人気となった。コディアクボーイは重賞2勝馬である。


 ラガルトボーイ(Lagart Boy)が4.75倍で2番人気に推された。6月にラ・プラタ競馬場のGⅢを勝っており、前走のリステッド競走でも5馬身差の快勝をおさめた。


 5.45倍の3番人気は⑧ティオボーイ(Tio Boy)。2020年にGⅢ勝ちの実績があり、前走5月1日のGⅠレプブリカ・アルヘンティーナ(ダ2000m - 3歳以上)では、名馬ミリニャーケ(Miriñaque)の2着と好走した。それ以来7ヶ月ぶりという久々がどう影響するか。



 ラガルトボーイが内枠を活かしてハナを切った。2番手には⑥エスティバドール(Estibador)と⑯スーパーカクテル(Super Cocktail)が並び、ティオボーイはラチ沿いの4番手につけた。1番人気のコディアクボーイは後ろからの競馬となった。


 直線の入口で、後方にいたコディアクボーイがまくり気味に上がっていって先頭に立った。しかし、直線でも伸びる脚は残っておらずズルズルと後退。代わって、内でじっとしていたゴンサーロ・ボルダ騎乗のティオボーイが巧みに馬群を抜け出すと、2着に5馬身差をつける快勝をおさめた。重馬場の勝ちタイムは2分29秒64。


「健康に問題を抱えている馬なので、ポツポツとしかレースを使えなかった。しかし、本当に能力の高い馬で、馬場入りを再開してから4回の調教と1回の2000mの調教しかしていないにもかかわらず、こうして鮮やかな勝利をおさめることができた」と、鞍上のゴンサーロ・ボルダ騎手は述べた。ボルダ騎手は2021年にデビューしたばかりの若手であり、デビュー3年目でGⅠダルド・ロチャを優勝してみせた。


 ティオボーイを管理するマルセロ・スエルド調教師は、「前走が終わってから4ヶ月も動きを止めていた。調教はあまりできなかった。本当はこのレースの前に1回使いたかったが、それも叶わなかった。それでも健康状態を保ち、素晴らしい反応をしてくれた」と述べた。


 5馬身差の2着には⑦ソフトウェア(Software)が入った。2着から3/4馬身差の3着はラガルトボーイだった。1番人気だったコディアクボーイは、まくって進出するまでは良かったが、そこで脚を使い果たして9着と大敗した。



 ティオボーイは父グリーンスプリング、母ポトラティア、その父ポトリジョンという血統の6歳牡馬。2017年7月15日にアルゼンチンのビケーダ牧場で産まれた。


 2019年11月10日にデビューし、3戦目で初勝利をあげた。しかし、常に体調面に不安を抱えており、2019年は2戦、2020年は2戦、2021年は4戦、2022年は3戦と、コンスタントにレースを使うことができなった。そんな中でも、2020年にはGⅢアグスティン・B・ガンビエール(ダ1200m - 2歳)を勝利し、2021年12月から2023年2月にかけては5連勝を達成するなど活躍した。


 2023年4月1日の2走前はGⅠデ・オノール(ダ2000m - 3歳以上)に出走して5頭立ての4着。5月1日の前走GⅠレプブリカ・アルヘンティーナ(ダ2000m - 3歳以上)では、勝ち馬ミリニャーケの2着と好走した。


 今回はそのとき以来7ヶ月ぶりの実戦だったが、鞍上の鮮やかなエスコートもあって5馬身差の快勝をおさめることができた。通算成績は15戦9勝(重賞2勝)。



Koya Kinoshita

スペイン語通訳

スペイン競馬と中南米競馬を隅々まで紹介&徹底解説する『南米競馬情報局』の運営者です。

全国通訳案内士というスペイン語の国家資格を所持しています。

東京在住のインドア派。モスバーガーとミスタードーナツが好きです。

  • X
  • Instagram
  • スレッド
  • note
  • Amazon
  • Ko-fi

CATEGORY

bottom of page