top of page

フランシスコ・ゴンサルヴェス騎手が新たな金字塔!南米大陸初となる年間500勝を達成

フランシスコ・ゴンサルヴェス騎手500勝
データ:Studbook Argentino

 アルゼンチンで騎乗しているブラジル人のフランシスコ・レアンドロ・フェルナンデス・ゴンサルヴェス騎手が、南米競馬に新たな金字塔を打ち立てた。


 12月4日のパレルモ競馬場13Rをラビスコーチャ(La Vizcocha)で勝利。7馬身差の圧勝だった。これにより、フランシスコ・ゴンサルヴェス騎手の2023年の勝利数が500勝に到着した。


 この瞬間、ゴンサルヴェス騎手は南米大陸で初めて年間500勝を達成した騎手となった。世界最多勝利数記録を持つブラジルのジョルジ・ヒカルド騎手も、南米競馬史上最高の騎手と称されるパブロ・ファレーロ騎手も、世界的名手ジョアン・モレイラ騎手も成し遂げられなかった年間500勝という前人未到の境地に、33歳のブラジル人騎手がたどり着いた。

※今後のドーピング違反による着順変更などで、勝利数が上下する可能性がある。



 ゴンサルヴェス騎手は、2023年11月13日のパレルモ競馬場3Rをサルトエングロボ(Salto En Globo)で勝利し、年間468勝を達成。2008年に同じくブラジル人のジョルジ・ヒカルド騎手が樹立した、年間467勝というアルゼンチン年間最多勝利記録を更新した。





 それから1週間後の11月21日、ラ・プラタ競馬場13Rをプレセルバーダ(Preservada)で勝利し、年間勝利数を478勝に伸ばした。これは、1992/93シーズンにブラジルでジョルジ・ヒカルド騎手が樹立した477勝という南米大陸年間(1シーズン)最多勝利記録を更新する大記録だった。




 11月13日に国内記録更新。1週間後の11月21日に南米記録更新。そして2週間後の12月4日に、南米大陸初となる年間500勝を達成した。まだ12月に入ったばかりであり、勝ち星はさらに30から40は増えるだろう。



 ゴンサルヴェス騎手は、アルゼンチンの競馬メディア『インフォ・トゥルフ(Info Turf)』に対して次のように述べた。


「本当に幸せ。支えてくれた人々や家族に感謝したい。犠牲にするものが多い職業なので、家族の助けは大きかった。レコードを破るために頑張ってきたが、年末にこうしてまた1つの新記録を樹立することができて嬉しい。今後は、世界の年間最多勝利ランキングの順位を1つでも上げていきたいと思っている。応援してくれたファンへ、本当にありがとう」


 なお、アメリカ大陸で年間500勝を達成したのは、ケント・デザーモ騎手、クリス・マッキャロン騎手、エドガー・プラード騎手、サンディー・ホーリー騎手の4名しかいない。フランシスコ・ゴンサルヴェス騎手はここに仲間入りを果たした。

Koya Kinoshita

スペイン語通訳

スペイン競馬と中南米競馬を隅々まで紹介&徹底解説する『南米競馬情報局』の運営者です。

全国通訳案内士というスペイン語の国家資格を所持しています。

東京在住のインドア派。モスバーガーとミスタードーナツが好きです。

  • X
  • Instagram
  • スレッド
  • note
  • Amazon
  • Ko-fi

CATEGORY

bottom of page