• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

アグネスゴールド・ブーム到来か?GⅠ2勝のオルフェネグロがアメリカに売却


写真:Jockey Club Brasileiro https://www.jcb.com.br/home/noticias/296213/orfeu-negro-brilha-no-gp-jockey-club-brasileiro-g1/

 二度も種牡馬失格の烙印を押され、とうとうブラジルまで流された日本のアグネスゴールドだが、世界がようやくその血の偉大さに気づいたのかもしれない。


 今年、GⅠ馬クーロエカミーチャ(Culo E Camicia)と実績馬オリンピックコルチノイ(Olympic Korchnoi)という2頭のアグネスゴールド産駒が香港に移籍した。だが、アグネスゴールド産駒の移籍はこれで終わりではなかった。


 ブラジル・ジョッキークラブによると、アグネスゴールド産駒のGⅠ2勝馬オルフェネグロ(Orfeu Negro)が、アメリカの馬主に売却され、アメリカで競走生活を送ることになった。購入者や価格などはまだ公表されていない。


 オルフェネグロは父アグネスゴールド、母ヴァレーヴュー、その父ワイルドイヴェントという血統の3歳牡馬。2018年8月16日にブラジルのエテルナメンチ・ヒオ牧場で産まれた。半兄にはブラジルGⅢを勝ったキロン(Quiron)、遠戚にはブラジル3冠馬でアメリカでもGⅠを勝ったバルアバリ(Bal A Bali)がいる。


 今年2月21日に競走馬としてデビューすると、未勝利馬ながら挑んだ3戦目のGⅠジョッキークルブ・ブラジレイロ(芝1600m - 2歳)を優勝し、2020/21シーズンのブラジル最優秀2歳牡馬の候補となった。3歳初戦となった前走はサンパウロ4冠競走の1戦目GⅠイピランガ(芝1600m - 3歳)に出走し、2着に6 1/4馬身もの差をつけて快勝した。通算成績は5戦2勝(重賞2勝)。


 今回の移籍には2つの背景が大きく影響していると考えられる。


 1つ目は、ブラジルの有力馬は海外に移籍するという一般的な背景。現在ブラジルの有力馬はほとんどアグネスゴールド産駒が占めているため、有力馬を購入する=アグネスゴールド産駒を購入するということになる。


 2つ目は、アグネスゴールド産駒がアメリカで活躍しているという背景。アルゼンチンから移籍したイバール(Ivar)は昨年GⅠシャドウェル・ターフ・マイルを優勝した。今年もイバールと同厩・同馬主のインラヴ(In Love)がケンタッキー・ダウンズ競馬場で行なわれたリステッド競走TVG2Sを優勝した。4月にもウルグアイから移籍したヴェスパ(Vezpa)が白星をあげている。アグネスゴールドは今や競馬先進国で戦える種牡馬なのである。


 オルフェネグロのアメリカ・デビューはおそらく来年になるだろう。だが、今からその走りが楽しみである。新しい情報は入り次第お伝えする。


■ ジョッキークルブ・ブラジレイロ


■ イピランガ



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.keiba-latinamerica.com/donation