• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

アグネスゴールド産駒が1日で重賞3勝


写真:Jockey Club Brasileiro https://www.jcb.com.br/home/noticias/323061/nepal-um-show-no-gp-julio-capua-g2/

 12月19日、ブラジルのガヴェア競馬場でGⅡアルミランチ・タマンダレー(芝2400m - 3歳以上)、GⅢマリアーノ・プロコピオ(芝1600m - 3歳牝馬)、GⅢフレデリーコ・ラングレン(芝1600m - 3歳)、GⅡジュリオ・カプア(芝1600m - 3歳以上)の4つの重賞競走が行なわれた。このうち3つをアグネスゴールド産駒が優勝した。


 GⅢマリアーノ・プロコピオは、クラウヂネイ・ファリアス騎乗のラルヴィエール(La Louviere)が勝利した。ブルーノ・ケイロス騎乗の1番人気ジャストライク(Just Like)が1着で入線したが、3着入線のジャスティスガール(Justice Girl)の鞍上レアンドロ・エンヒキから直線での斜行に関する異議申し立てがあり、これが認められて3着降着。2着入線のラルヴィエールの勝利で確定した。


 ラルヴィエールは父アグネスゴールド、母マイフェアレディー、その父アワーエンブレムという血統の3歳牝馬。2018年7月31日にブラジルのヒオ・ドイス・イルマノス牧場で産まれた。通算成績は4戦2勝(重賞1勝)。来年ガヴェア競馬場で行なわれる牝馬3冠競走の1冠目GⅠエンヒキ・ポソーロ(芝1600m - 3歳牝馬)に向けて勢いづいた。


■ GⅢマリアーノ・プロコピオ



 GⅢフレデリーコ・ラングレンは、ウィルクリー・シャヴィエル騎乗のオンライン(Online)が3番手から抜け出して優勝した。今年4月10日の2歳GⅢを勝利して素質を高く評価されたが、その後のGⅠ競走などでは惨敗が続いた。前走の特