• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

『空飛ぶ日本人』タカシが現役を引退して種牡馬入り


写真:Jockey Club de São Paulo http://www.jockeysp.com.br/corridas/news_mostra.asp?id=8413

 1月31日、サンパウロ・ジョッキークラブは2020/21シーズンのブラジル最優秀ダート馬に選出されたタカシ(Takashi)が現役を引退すると発表した。所有者のフォルツァ3が同馬をジェンチル牧場に売却し、今後は同牧場で種牡馬となる。


 タカシは父パイオニアリング、母アイスドウイスキー、その父レダットーレという血統の5歳牡馬。2016年8月24日にブラジルのサンタレン牧場で産まれた。ブラジルのGⅠを2勝し、日本に繁殖牝馬として購入されたハットトリック産駒のマカダミア(Macadamia)は遠戚にあたる。


 2019年7月7日にタルマン競馬場で競走馬としてデビューすると、ダートの短距離を中心に使われ、デビューから無傷の8連勝でリステッド競走を優勝した。2020/21シーズンは7戦6勝という成績を残し、そのシーズンのブラジル最優秀ダート馬に選出された。重賞勝ちはないが、通算成績は17戦15勝と圧倒的な強さを見せつけ、『空飛ぶ日本人/フライング・ジャパニーズ(Japonês Voador)』の異名をとった。


 タカシの引退と同時に悲しいニュースも伝えられた。タカシの厩務員であるチアゴ・メンデス・サントス氏が、1月30日に心臓発作のため亡くなった。34歳だった。タカシの現役時代の活躍と種牡馬入りは、彼の貢献なしにはありえなかった。


 

■ ジョアン・トビアス・ヂ・アギアール (L)



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.keiba-latinamerica.com/donation