top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ルックオブラヴがゴール直前で差し切りオークス優勝、アグネスゴールドはオークス3連覇を達成


ルックオブラヴ(Look Of Love)
写真:Jockey Club Brasileiro https://www.jcb.com.br/home/noticias/332747/em-final-emocionante-a-gloria-do-gp-diana-g1-e-de-look-of-love/


 3月13日、ブラジルのガヴェア競馬場でGⅠヂアナ(芝2000m - 3歳牝馬)が行なわれた。このレースはブラジルのオークスにあたり、牝馬3冠競走の第2戦目となっている。


 今年は15頭で争われた。1冠目のGⅠエンヒキ・ポソーロ(芝1600m - 3歳牝馬)を快勝したジャストライク(Just Like)が2冠どころか3冠まで濃厚と思われていたが、蹄の怪我により無念の回避となった。


 1番人気にはエンヒキ・ポソーロで2着だった⑪ラルヴィエール(La Louviere)が支持された。2番人気にはサンパウロ・オークスを勝った①オリンダドイグアス(Olinda Do Iguassu)、3番人気にはトライアルを3 1/2馬身差で快勝した⑫ハイワイアー(High Wire)が推された。



 ⑧ガリレイサンダー(Galilei Thunder)がハナを切り、2番手にオリンダドイグアスが続いた。馬群はやや縦長のまま4コーナーに入ると、直線では横に広がっての追い比べが繰り広げられた。道中は5番手あたりを追走していたブルーノ・ケイロス騎乗のハイワイアーが先に抜け出したところに、後方の内で脚を溜めていたウェスレイ・カルドーゾ騎乗の4番人気⑥ルックオブラヴ(Look Of Love)が大外から強襲。ゴール直前でハイワイアーをアタマ差とらえて勝利した。良馬場の勝ちタイムは1分59秒27。


 3着には内を伸びた⑦シャヴィメストリ(Chave Mestre)が、4着には⑮ジャスティスガール(Justice Girl)が入り、アグネスゴールドが1着から4着までを独占した。1番人気のラルヴィエールは7着だった。


 ブラジル・ジョッキークラブとブラジル・スタッドブックは、2頭による僅差の戦いを「感動的な直線」と称した。レース史に残る激闘だったことが分かる。


 『エル・トゥルフ(El Turf)』のセバスティアン・ブラーボ記者は「アグネスゴールドは昨年亡くなったが、残された産駒たちはこれまでにないほど生き生きとしている。自身の素晴らしい遺伝を伝える能力にあふれている」と、種牡馬アグネスゴールドを評価した。



 ルックオブラヴは父アグネスゴールド、母マンジュラ、その父ロワノルマンという血統の3歳牝馬。2018年10月7日にブラジルのヒオ・ドイス・イルマノス牧場で産まれた。


 2021年7月4日のデビュー戦を白星で飾った。しかし、昨年は3戦してこの1勝をあげるにとどまった。今年はGⅠヂアナのトライアル・レースで始動し、ハイワイアーから3 1/2馬身差の2着に入った。決して小さくはない着差だったが、本番で見事に逆転してみせた。通算成績は5戦2勝(重賞1勝)。


 なお、アグネスゴールド産駒は2020年のマイスキボニータ(Mais Que Bonita)、2021年のジャネールモネイ(Janelle Monae)とオークスを勝利しており、今回のルックオブラヴの勝利でオークス3連覇を達成した。2018年にもサイレンスイズゴールド(Silence Is Gold)が制しているため、5年で4勝という驚異的な数字である。


 次走は4月10日にガヴェア競馬場で行なわれる3冠目のGⅠゼリア・ゴンザーガ・ペイショット・ヂ・カストロ(芝2400m - 3歳牝馬)になるだろう。ジャストライクが復帰予定であることに加えて、オークスと同日に行なわれたリステッド競走でオークフレーヴァー(Oak Flavour)という3歳牝馬が古馬を相手に7馬身差の完勝をおさめたことから、厳しい戦いになることが予想される。


写真:Jockey Club Brasileiro https://apostas.jcb.com.br/pt-br/corridas/resultadocompleto?idReuniao=446332508&numeroPareo=7



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page