• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

アグネスゴールド産駒ザシスターがGⅢヒボレッタを制して重賞4勝目


写真:Jockey Club Brasileiro https://www.jcb.com.br/home/noticias/337045/the-sister-esbanja-classe-ao-reparecer-com-vitoria-no-gp-riboletta-g3/

 4月11日にブラジルのガヴェア競馬場で行なわれたGⅢヒボレッタ(芝2000m - 3歳以上牝馬)は、ヴァルヂネイ・ジル騎乗の2番人気②ザシスター(The Sister)が勝利した。4頭立ての道中は3番手を進むと、4コーナーで早くも先頭をとらえ、直線は伸びる一方で4 3/4馬身差の快勝をおさめた。良馬場の勝ちタイムは2分1秒96。2着には最後方から追い込んだ4番人気のビドゥーサヤン(Bidú Sayão)が入った。


 ザシスターは父アグネスゴールド、母フガージ、その父クリムゾンタイドという血統の4歳牝馬。2017年9月2日にブラジルのヒオ・ドイス・イルマノス牧場で産まれた。全兄のアブダビは2020年にGⅠクルゼイロ・ド・スル(ブラジル・ダービー)を優勝した。


 2020年3月7日のデビュー戦を白星で飾ったものの、2歳から3歳にかけては結局この1勝しかあげることができなかった。4歳になって才能が開花。2021年7月18日のGⅡオンジ・ヂ・ジューリョで重賞初勝利をおさめると、GⅠホベルト・イ・ネルソン・グリマルヂ・セアブラに出走した。今回の勝利で2021年9月26日から続く連勝を4に伸ばし、重賞は3連勝となった。通算成績は15戦6勝(重賞4勝)。


 今後は6月25日にガヴェア競馬場で行なわれるブラジルの最強牝馬決定戦GⅠホベルト・イ・ネルソン・グリマルヂ・セアブラ(芝2000m - 3歳以上牝馬)を目指す。昨年10着に敗れたリベンジを狙う。 




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e