• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

サンパウロ・オークス馬オリンダドイグアスが日本に売却


写真:Jockey Club De São Paulo http://www.jockeysp.com.br/corridas/news_mostra.asp?id=8345

 4月13日、ブラジル・スタッドブックは2021年のGⅠヂアナ(芝2000m - 3歳牝馬)の勝ち馬オリンダドイグアス(Olinda Do Iguassu)が日本に売却されたと発表した。売却を仲介したのはファブリシオ・ブッフォーロ氏。


 オリンダドイグアスは父パイオニアリング、母バルミネス、その父アミゴーニという血統の3歳牝馬。2018年9月8日にブラジルのヒオ・イグアス牧場で産まれた。近親には2011年のGⅠヂアナを優勝するなどGⅠ3勝をあげたアルタヴィスタ(Alta Vista)がいる。


 2021年1月2日にサンパウロのシダーヂ・ジャルディン競馬場でデビューすると、2連勝でGⅢプレジデンチ・ジョゼー・アントニオ・パンプローナ・ヂ・アンドラーヂを勝利した。サンパウロ牝馬4冠競走に出走したが、1冠目のバラン・ヂ・ピラシカーバではオリンピックラスパルマス(Olympic Las Palmas)の3着、2冠目のエンヒキ・ヂ・トレード・ララはマカダミア(Macadamia)の2着と、あと一歩届かなかった。しかし、オークスにあたる3冠目のGⅠヂアナでは、敗れた2頭がいずれも海外に移籍するという幸運にも恵まれ、1 1/2馬身差で勝利をおさめた。2022年3月の前走はガヴェア競馬場で行なわれたリオデジャネイロのオークスであるGⅠヂアナに出走したが、15頭立ての12着と大敗した。通算成績は10戦4勝(重賞3勝)。


 なお、アグネスゴールド産駒のオリンピックラスパルマス、ハットトリック産駒のマカダミア、そして今回のオリンダドイグアスと、サンパウロ3歳牝馬GⅠの勝ち馬はいずれも日本に送られた。香港に移籍したオルフェネグロ(Orfeu Negro)なども含めて、サンパウロ―アジアというパイプが太くなっている。


■ GⅠヂアナ



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e