• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

アグネスゴールドがブラジル通算700勝、南米通算800勝を達成

 5月20日時点のブラジル・スタッドブックの統計によると、2021/22シーズンにおけるアグネスゴールド産駒の勝ち星が127になった。2位のプットイットバック(74勝)に53勝の差つけて種牡馬リーディングを独走している。獲得賞金では、アグネスゴールドが242万6454レアルなのに対してプットイットバックが109万6777レアルと、倍以上もの差をつけている。


 アグネスゴールドのブラジルでの種牡馬成績は以下のとおりである。

  • 2011/2012 7勝

  • 2012/2013 17勝

  • 2013/2014 21勝

  • 2014/2015 19勝

  • 2015/2016 28勝

  • 2016/2017 45勝

  • 2017/2018 61勝

  • 2018/2019 115勝

  • 2019/2020 132勝

  • 2020/2021 130勝

  • 2021/2022 127勝

 合計は702勝となり、ブラジル通算700勝を達成した。あと6勝をあげれば、2019/2020シーズンの132勝を超えてシーズン最多勝利数を更新する。残り1ヶ月弱、更新は間違いない。


 また、アルゼンチンでの通算勝利数が37勝、ウルグアイでの通算勝利数が62勝となっている。ここにブラジルでの702勝を加えると、南米での通算勝利数は801勝となり、南米通算800勝も達成した。重賞は89勝で、GⅠは24勝である。


 現2歳世代である2019年産馬が続々とデビューし、最終世代となる2020年産馬もセールで高値がつけられている。このままのペースで勝ち星を積み上げられれば、南米通算1000勝、もしくはブラジル通算1000勝も夢ではない。



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e