• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ブラジルの各種リーディングが発表。アグネスゴールドが3期連続で種牡馬リーディングに輝く


2021/22ブラジル種牡馬リーディング
データ:ABCPCC https://studbook.com.br/consultar-estatisticas

 ブラジル・スタッドブックが2021/22シーズンにおける各種リーディングを発表した。数字は今後の更新によって変わる可能性がある。


 騎手リーディングは167勝をあげたレアンドロ・エンヒキ騎手が、153勝で2位となったブルーノ・ケイロス騎手との争いを制して獲得した。調教師リーディングではルイス・エステヴェス調教師が首位となった。獲得賞金額においては、2018/19シーズンから4期連続である。


 種牡馬リーディングにはアグネスゴールドが輝いた。2019/20、2020/21、2021/22と3期連続でのリーディング獲得である。140勝という勝利数は2019/20シーズンの132勝を超えて自己最多、278万6848レアルという獲得賞金額も2020/21シーズンの266万7922レアルを上回って自己最多という充実したシーズンだった。勝ち星で2位のタイガーハートが98勝であるため、3桁の勝利数を稼いだのはアグネスゴールドのみ。また、獲得賞金で2位のドロッセルマイヤーが151万9535レアルであるため、110万レアルもの大差をつけてのトップとなった。2年連続でブラジル最優秀種牡馬に選出されるのは間違いない。


■アグネスゴールドのブラジルでの種牡馬成績(数値はブラジル・スタッドブックを参照)

シーズン

勝利数

重賞

GⅠ

獲得賞金(レアル)

2011/2012

7

2

0

126,637.89

2012/2013

17

4

2

417,426.40

2013/2014

​21

3

1

490,505.86

2014/2015

​19

0

0

330,441.04

2015/2016

​28

4

0

522,887.82

2016/2017

45

4

0

927,244.06

2017/2018

61

7

2

1,273,827.67

2018/2019

​115

7

0

1,713,202.21

2019/2020

132

11

3

2,287,562.88

2020/2021

130

20

8

2,667,921.85

2021/2022

140

19

5

2,786,847.59

合計

715

81

21

13,528,805.27


 ハットトリックは9位にランクインした。ブラジルでの初年度産駒がデビューした作シーズンは7勝、18万9680レアルだったが、今シーズンは2世代のみにもかかわらず61勝、87万1097レアルと大躍進を遂げた。重賞は5勝し、うち2つがGⅠである。


 2022/23シーズンはアグネスゴールドのラストクロップ(2020年産馬)がデビューする。スタッドブックには42頭登録されている。ハットトリックの産駒は2021年産馬が最終世代だが、産駒は2頭しか登録されていないため、実質2020年産馬の67頭がラストクロップである。来年の今ごろには、アグネスゴールドとハットトリックがブラジルで激しい種牡馬リーディング争いを繰り広げているかもしれない。


 各種リーディングはページ上部のリンクより閲覧できる。



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e