top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

アグネスゴールド産駒ジャスティスガールが4歳初戦のGⅡオンジ・ヂ・ジューリョを勝利


ジャスティスガール(Justice Girl)
写真:Jockey Club Brasileiro https://www.jcb.com.br/home/noticias/350008/justice-girl-nao-da-susto-no-gp-onze-de-julho/


 7月17日にブラジルのガヴェア競馬場で行なわれたGⅡオンジ・ヂ・ジューリョ(芝2000m - 4歳以上牝馬)は、レアンドロ・エンヒキ騎乗の1番人気②ジャスティスガール(Justice Girl)が2番手から抜け出して2着に5馬身差をつける完勝をおさめた。重馬場の勝ちタイムは2分5秒34。


 団子となった2着争いは外から差してきたハットトリック産駒の⑤オプサンセルタ(Opção Certa)が制した。3着は⑥イズノットジエンド(Is Not The End)だった。



 ジャスティスガールは父アグネスゴールド、母パシフィックガール、その父ハードスパンという血統の4歳牝馬。2018年10月4日にブラジルのアンデルソン牧場で産まれた。全姉にはGⅡ馬ゴールデンパシフィック(Golden Pacific)がいる。


 2021年2月14日にデビューし、3戦目で初勝利をあげた。牝馬3冠競走は5着、4着、3着とあと一歩届かず、前走のGⅠホベルト・イ・ネルソン・セアブラ(芝2000m - 3歳以上牝馬)でも伏兵に敗れて3着だった。


 これが明け4歳の始動戦。幸先よく重賞を制し、今年こそGⅠのタイトルを手に入れたい。通算成績は13戦5勝(重賞3勝)。


 なお、アグネスゴールドは2022/23シーズンにおける重賞初勝利である。4期連続の種牡馬リーディングに向けて好発進となった。




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page