• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ハットトリック産駒の未勝利馬ラダリオが繰り上がりでGⅠジョアン・アデマール・ヂ・アルメイダ・プラードを勝利


ラダリオ(Ladário)
写真:Jockey Club Brasileiro https://www.jcb.com.br/home/noticias/353070/vitoria-de-ladario-apos-desclassificacao-de-london-moon-no-gp-j-adhemar-de-almeida-prado-g1/

 8月7日、ブラジルのガヴェア競馬場でGⅠジョアン・アデマール・ヂ・アルメイダ・プラード(芝1600m - 3歳)が行なわれた。ブラジルで最初の3歳牡馬GⅠである。


 4戦4勝でGⅠジョッキークルブ・ブラジレイロを勝利し、2021/22シーズンのブラジル最優秀2歳牡馬に選ばれたアグネスゴールド産駒の⑤ロンドンムーン(London Moon)に大きな注目が集まった。メンバー構成はそのときとほぼ同じであるため、状態さえ問題なければ勝利は確実と思われた。単勝オッズは1.2倍まで下がった。2着だった④ロイヤルティー(Loyalty)、3着だった①ヌレイエフボーイ(Nureyev Boy)、4着だった⑨トゥーサーウィズラヴ(To Sir With Love)が逆転を狙って出走した。


 ヌレイエフボーイがハナを切り、2番手にロイヤルティー、3番手にロンドンムーンがつけた。直線ではロンドンムーンが抜け出してそのまま押し切るかと思われたが、道中は後方2番手にいた⑧ラダリオ(Ladário)が驚異的な末脚で迫った。ゴール前は馬体を並べての接戦となり、わずかの差でロンドンムーンが1着でゴール板を駆け抜けた。


 と思われたが、ラダリオに騎乗していたブルーノ・ケイロス騎手から異議申し立てが入り、ゴール前でロンドンムーンの斜行による接触があったことが裁決に認められた。1着と2着の着順が入れ替わり、ブルーノ・ケイロス騎手の7番人気ラダリオの勝利で確定した。良馬場の勝ちタイムは1分33秒27。ロンドンムーンはキャリア5戦目にして初黒星を喫した。


 ラダリオは父ハットトリック、母ノッティングトゥモロー、その父アラゴーンという血統の3歳牡馬。2019年10月3日にブラジルのサンタ・ヒタ・ダ・セハ牧場で産まれた。半兄にはGⅠ馬ジャクソンポロック(Jackson Pollock)がいる。


 ラダリオは未勝利馬である。2022年3月20日のデビューは3着、2戦目は2着と敗れた。伏兵も伏兵だったハットトリック産駒が、アグネスゴールド産駒の最優秀2歳牡馬を破る大金星をあげた。通算成績は3戦1勝(重賞1勝)。


 なお、ラダリオの勝利が父ハットトリックにとって通算10回目の南米GⅠ勝利となった。内訳はアルゼンチン5勝、ブラジル4勝、ウルグアイ1勝である(※このレース後のGⅠマルガリーダ・ポラック・ララも産駒が勝利して現在は11勝)。昨シーズンは最優秀種牡馬にもノミネートされており、南米大陸で着実に結果を残している。




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)


【連絡先】

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com


【サポート】

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e