top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ブラジルの競馬表彰『モソロー賞2021/22』が発表、アグネスゴールドが2年連続で最優秀種牡馬に

 8月6日、ブラジルの競馬表彰である『モソロー賞2021/22』が発表された。


 2021/22シーズンの年度代表馬には、ワイルドイヴェント産駒の牝馬インエッセンス(In Essence)が選ばれた。日程の関係で2度開催されたGⅠマジョール・ズッコー(芝1000m)の連覇を含む重賞5勝。短距離路線では向かうところ敵なしだった。最優秀4歳以上牝馬、最優秀短距離馬も同時に受賞した。今年から産まれ故郷のサンタ・マリア・ヂ・アラーラス牧場で繁殖牝馬となる予定である。


 最優秀種牡馬にはアグネスゴールド(Agnes Gold)が選出された。2020/21シーズンに続き、2年連続での受賞である。2021/22シーズンは141勝をあげ、重賞は20勝。勝ち星でも獲得賞金でも2位を大きく引き離して種牡馬リーディングに輝いた。


 また、GⅠジョッキークルブ・ブラジレイロを勝ったアグネスゴールド産駒のロンドンムーン(London Moon)は、最優秀2歳牡馬に選出された。



【受賞一覧】


◆ 年度代表馬

インエッセンス(In Essence)


◆ 最優秀2歳牡馬

ロンドンムーン(London Moon)


◆ 最優秀2歳牝馬

リトルビューティー(Little Beauty)


◆ 最優秀3歳牡馬

ノーティラス(Nautilus)


◆ 最優秀3歳牝馬

オリアーナドイグアス(Oriana Do Iguassu)


◆ 最優秀4歳以上牡馬

ビエンスレーニョ(Bien Sureño)


◆ 最優秀4歳以上牝馬

インエッセンス(In Essence)


◆ 最優秀短距離馬

インエッセンス(In Essence)


◆ 最優秀マイラー

ビエンスレーニョ(Bien Sureño)


◆ 最優秀長距離馬

リボンインザスカイ(Ribboninthesky)


◆ 最優秀ダート馬

コペンハーゲン(Kopenhagen)


◆ 最優秀生産者

アンデルソン牧場


◆ 最優秀馬主

ヒオ・イグアス


◆ 最優秀騎手

レアンドロ・エンヒキ


◆ 最優秀調教師

ルイス・エステヴィス


◆ 最優秀種牡馬

アグネスゴールド(Agnes Gold)


◆ 最優秀内国産種牡馬

クロノス(Chronnos)


◆ 最優秀繁殖牝馬

ヘケブラ(Requebra)



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page