• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

エンポデラーダが大混戦のGⅠバラン・ヂ・ピラシカーバを逃げ切る


エンポデラーダ(Empoderada)
写真:JOCKEY CLUB DE SÃO PAULO / Porfírio Menezes


 9月3日、ブラジルのサンパウロにあるシダーヂ・ジャルヂン競馬場でGⅠバラン・ヂ・ピラシカーバ(芝1600m - 3歳牝馬)が行なわれた。このレースはサンパウロ牝馬4冠競走の初戦となっている。


 2歳GⅠの勝ち馬でハットトリック産駒のプンタドイグアス(Punta Do Iguassu)が怪我により戦線離脱、最優秀2歳牝馬リトルビューティー(Little Beauty)も回避となったため、重賞馬不在の12頭立てという大混戦となった。前走リステッドを勝った②ルッカラヴ(Lucca Love)が1番人気に支持された。


 ⑥エンポデラーダ(Empoderada)がハナを切った。⑪マルヴァジア(Malvásia)が2番手につけ、ルッカラヴは内の3,4番手を追走した。直線に入るとマルコス・ヒベイロ騎乗の2番人気エンポデラーダが後続との差をぐんぐんと広げ、終わってみれば4 3/4馬身差の快勝をおさめた。勝ちタイムは1分33秒50。2着には内から追い込んだ⑤エスヂヴェルチーダ(És Divertida)が入り、3着はルッカラヴだった。


 エンポデラーダは父ドロッセルマイヤー、母キミント、その父ロイヤルアカデミーという血統の3歳牝馬2019年9月2日にブラジルのオールド・フレンズ牧場で産まれた。2着のエスヂヴェルチーダもドロッセルマイヤー産駒のオールド・フレンズ牧場生産・所有馬である。また、3着のルッカラヴもドロッセルマイヤー産駒であるため、ドロッセルマイヤー産駒の1,2,3決着となった。


 2022年5月21日にデビューし、これを白星で飾った。前走のリステッド競走では4着に敗れたが、見事な巻き返しで重賞初制覇をGⅠの大舞台で決めた。通算成績は3戦2勝(重賞1勝)。




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)


【連絡先】

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com


【サポート】

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share