top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ところでジョアン・モレイラはどうなった?ブラジル復帰後の成績

 香港の騎手免許を返上し、12月3日のサンパウロ開催から母国ブラジルで復帰したジョアン・モレイラ騎手。すっかり日本の報道から姿を消したが、今回はモレイラ騎手がブラジルでどのような成績を残しているかを見ていく。



【12月3日】

🏇 シダーヂ・ジャルヂン競馬場(サンパウロ)

📔 2着, 2着, 2着, 5着, 2着, 着外


【12月4日】

🏇 タルマン競馬場(クリチーバ)

📔 4着, 着外, 5着, 着外, 1着, 2着, 3着, 2着, 着外, 着外, 着外


【12月17日】

🏇 シダーヂ・ジャルヂン競馬場(サンパウロ)

📔 4着, 3着(降), 2着, 5着, 2着, 1着(G2), 着外, 着外, 着外, 2着


【12月23日】

🏇 シダーヂ・ジャルヂン競馬場(サンパウロ)

📔 1着, 4着, 2着, 1着, 1着, 2着, 2着, 1着, 2着, 1着


※12月17日の2Rで斜行して降着。12月24日から8日間の騎乗停止処分となり、12月30日のサンパウロ開催は騎乗できず。


【1月6日】

🏇 タルマン競馬場(クリチーバ)

📔 1着, 2着, 2着, 1着, 1着, 4着, 着外, 1着, 2着, 3着


【1月7日】

🏇 シダーヂ・ジャルヂン競馬場(サンパウロ)

📔 1着, 2着, 3着, 5着, 3着, 2着, 1着


【1月14日】

🏇 シダーヂ・ジャルヂン競馬場(サンパウロ)

📔 3着, 1着, 4着, 1着, 外着, 5着, 4着, 着外


【総合成績】

騎乗:62回

1着:12回

2着:17回

3着:5回

----- -----

勝率:19.4%

連対率:46.8%

3着以内率:54.8%



 では、これらの数字は他のブラジルの騎手と比べてどうなのだろうか?


 現在ブラジル全体の騎手リーディングで首位を走っているエンデルソン・フェルナンヂス騎手は勝率22.9%。2位のヂラン・マシャード騎手は、今シーズンデビューしたばかりの見習い騎手ながら勝率18.0%。昨年のリーディング騎手であるレアンドロ・エンヒキ騎手は怪我の影響もあって騎乗数は少ないが、勝率24.5%と高い数値を保っている。


 つまり、勝率や3着以内率を見るかぎり、ジョアン・モレイラ騎手のブラジル帰国後の成績は優秀ではあるが、他の騎手と比べて突出しているわけではないということが分かる。香港の騎手と比べてブラジルの騎手ははるかに技術が高いため、ジョアン・モレイラ騎手といえど簡単に勝つことはできない。


■ ケンローヴァ(Kenlova)で勝利したGⅡプレジデンチ・ジョゼー・ボニファシオ・コウチーニョ・ノゲイラ



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

【Twitter】 @koyakinoshita24

【Instagram】 @kinoshita_koya1024

【Mail】 kinoshita.koya1024@gmail.com

【HP】 https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page