• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

【2022年】この南米3歳馬が凄い!【牡馬編】

牝馬編は コチラ


 南米の現3歳世代(2018年産馬)は『牝高牡低』と言えるかもしれない。牝馬に比べると牡馬の層はかなり手薄であり、絶対的な信頼を置ける存在がいない。なお、海外に移籍した馬はここで名前を挙げていない。


 南米3歳世代の大将格はアルゼンチンのイルウィン(Irwin)である。昨年2月にデビューし、2戦目でGⅡを勝利した。2歳王者決定戦であるGⅠエストレージャス・ジュヴェナイル(ダ1600m - 2歳)では2着に敗れたが、明け3歳初戦となったGⅡを勝利すると、アルゼンチンの2000ギニーに相当するGⅠポージャ・デ・ポトリージョス(ダ1600m - 3歳)を優勝した。アルゼンチン3冠競走の2冠目となるGⅠジョッキークルブ(芝2000m - 3歳)では、人気薄ソディアカル(Zodiacal)の一撃に屈して2着。その後ドーピング検査で陽性となり失格処分となった。アルゼンチンのダービーにあたるGⅠナシオナル(ダ2500m - 3歳)でダートに戻ると、2着に9馬身もの差をつける圧勝をおさめてアルゼンチン2冠を達成した。本来はこの後に南米最大のGⅠ競走カルロス・ペジェグリーニ(芝2400m - 3歳以上)に出走するはずだったが、ドーピングのペナルティーで出走できなかった。


 イルウィンの父はシークアゲイン、母の父はオーペン。半姉には日本の白老ファームで繁殖牝馬となったGⅡ馬イリーサ(Irisa)がいる。現在はドーピング違反により1月20日まで出走停止を科されているが、予定されているドバイ遠征には影響がない。ドバイWCの出馬表に彼の名が見られるかもしれない。


 イルウィンに次ぐ2番手に位置するのが、ペルーのスーペルナオ(Súper Nao)とウルグアイのプレリュードライ(Prelude Rye)である。


 スーパーセイヴァー産駒のアルゼンチン産馬スーペルナオは、GⅠポージャ・デ・ポトリージョス(ダ1600m - 3歳)GⅠリカルド・オルティス・セバージョス(ダ2000m - 3歳)GⅠデルビー・ナシオナル(ダ2400m - 3歳)を優勝し、2006年ミュラー(Muller)以来となるペルー3冠を達成した。4冠目のGⅠアウグスト・B・レギーア(芝2800m - 3歳)は芝を嫌って回避したため、残念ながら1992年のスタッシュ(Stash)以来の4冠達成とはならなかった。現在は4月2日にチリで開かれるGⅠラティーノアメリカーノ(ダ2000m - 3歳以上)を目標に調整されており、1月16日のGⅡシウダー・デ・リマ(ダ2000m - 3歳以上)で今年初戦に挑む。


 プレリュードライは父こそキャッチャーインザライと異なるが、スーペルナオと同じアルゼンチン産馬である。デビューから2連勝をおさめて期待されたが、重賞では5着、6着と奮わなかった。ウルグアイ1冠目のGⅠポージャ・デ・ポトリージョス(ダ1600m - 3歳)では7番人気の伏兵馬だったが、良い末脚を披露して差し切り勝ちをおさめた。2冠目のGⅠジョッキークルブ(ダ2000m - 3歳)では同じくアルゼンチン産馬のラウンドオブアプローズ(Roundofapplause)に1馬身およばずの2着に敗れたが、3冠目のGⅠナシオナル(ダ2500m - 3歳)では4馬身差の快勝をおさめ、ウルグアイ2冠馬となった。1月6日に行なわれたウルグアイ最大の競走であるGⅠホセ・ペドロ・ラミーレス(ダ2400m - 3歳以上)もオリンピックハーヴァード(Olympic Harvard)との大激闘を制し、新たなウルグアイ王者に輝いた。


 スーペルナオとプレリュードライは国内で圧倒的な強さを誇っている。しかし、国内のメンバーレベルを考えると、その能力に首をかしげずにはいられない。スーペルナオが戦ってきた相手はお世辞にも強いとは言えないし、3冠競走が始まった当初は誰が勝ってもおかしくない大混戦だった。プレリュードライもウルグアイ最大のGⅠ競走を勝ったとはいえ、古馬と6kgもの斤量差で衰え気味のオリンピックハーヴァードにやっとこさだった。世界に出て活躍できるとは思えない。


 ブラジルの有力3歳馬は香港の馬主に購入された。アグネスゴールド産駒のGⅠ2勝馬オルフェネグロ(Orfeu Negro)、ゴルディコヴィッチ産駒のGⅠ馬イエニフォーチュン(Iene Fortune)、この2頭はすでにブラジルに居ない。


 3歳になって力をつけてきたのが、イルドージェ産駒のプラネタリオ(Planetário)である。2歳時は4戦して1400mの条件戦を2勝しただけの馬だったが、9月に2000mのリステッド競走を3 1/4馬身差で快勝。距離を伸ばしてパフォーマンスを上げた。続くGⅠリンネオ・ヂ・パウラ・マシャード(芝2000m - 3歳)では、雨と重馬場をまったく苦にせず2着に4 1/4馬身差をつける差し切り勝ちをおさめた。勢いそのままに前走はサンパウロに遠征し、サンパウロ地区のダービーであるGⅠデルビー・パウリスタ(芝2400m - 3歳)を勝利した。


 勢いと将来性ならプラネタリオが南米の3歳世代でNo.1かもしれない。しかし、オルフェネグロとイエニフォーチュンという2強が抜けた後での結果であるため、真の実力を測るのが難しい。また、この馬にも海外移籍の話がある。


 2018年世代の3歳牡馬が不作だった理由の1つとして、チリに目ぼしい牡馬が現れなかったことが挙げられる。2歳時に好成績をおさめた馬たちが3歳になって失速。芝のGⅠは牝馬のイナダマス(Y Nada Más)にもっていかれた。ダート路線もGⅠごとに違う勝ち馬が現れ、絶対的な本命馬がついぞ出現しなかった。2月6日にはGⅠエル・デルビー(芝2400m - 3歳)が行なわれるが、これもイナダマスの勝利で堅いだろう。


 これから飛躍するであろう馬として、ウルグアイのクオリティーブーン(Quality Boone)を紹介する。昨年4月のデビュー戦は6着に敗れたが、2戦目で5 1/4馬身差の快勝をおさめた。昨年はこの2戦のみで、12月初旬にサウジCに出走するアエロトレン(Aero Trem)らと共にドバイに渡った。ウルグアイ出国からわずか20日後の12月23日にドバイ初戦を迎え、半年ぶりの出走、斤量61kgという難しい条件が重なりながらも、直線だけで10頭以上をごぼう抜きする強烈な末脚で勝利をおさめた。


 半兄にGⅠエストレージャス・クラシック(ダ2000m - 3歳以上)を勝ったクイズキッド(Quiz Kid)がいる良血のアルゼンチン産馬。今年ドバイでどのような走りをするか注目である。



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.keiba-latinamerica.com/donation

最新記事

すべて表示