• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

【2022年】この南米3歳馬が凄い!【牡馬編】

牝馬編は コチラ


 南米の現3歳世代(2018年産馬)は『牝高牡低』と言えるかもしれない。牝馬に比べると牡馬の層はかなり手薄であり、絶対的な信頼を置ける存在がいない。なお、海外に移籍した馬はここで名前を挙げていない。


 南米3歳世代の大将格はアルゼンチンのイルウィン(Irwin)である。昨年2月にデビューし、2戦目でGⅡを勝利した。2歳王者決定戦であるGⅠエストレージャス・ジュヴェナイル(ダ1600m - 2歳)では2着に敗れたが、明け3歳初戦となったGⅡを勝利すると、アルゼンチンの2000ギニーに相当するGⅠポージャ・デ・ポトリージョス(ダ1600m - 3歳)を優勝した。アルゼンチン3冠競走の2冠目となるGⅠジョッキークルブ(芝2000m - 3歳)では、人気薄ソディアカル(Zodiacal)の一撃に屈して2着。その後ドーピング検査で陽性となり失格処分となった。アルゼンチンのダービーにあたるGⅠナシオナル(ダ2500m - 3歳)でダートに戻ると、2着に9馬身もの差をつける圧勝をおさめてアルゼンチン2冠を達成した。本来はこの後に南米最大のGⅠ競走カルロス・ペジェグリーニ(芝2400m - 3歳以上)に出走するはずだったが、ドーピングのペナルティーで出走できなかった。


 イルウィンの父はシークアゲイン、母の父はオーペン。半姉には日本の白老ファームで繁殖牝馬となったGⅡ馬イリーサ(Irisa)がいる。現在はドーピング違反により1月20日まで出走停止を科されているが、予定されているドバイ遠征には影響がない。ドバイWCの出馬表に彼の名が見られるかもしれない。


 イルウィンに次ぐ2番手に位置するのが、ペルーのスーペルナオ(Súper Nao)とウルグアイのプレリュードライ(Prelude Rye)である。


 スーパーセイヴァー産駒のアルゼンチン産馬スーペルナオは、GⅠポージャ・デ・ポトリージョス(ダ1600m - 3歳)GⅠリカルド・オルティス・セバージョス(ダ2000m - 3歳)GⅠデルビー・ナシオナル(ダ2400m - 3歳)を優勝し、2006年ミュラー(Muller)以来となるペルー3冠を達成した。4冠目のGⅠアウグスト・B・レギーア(芝2800m - 3歳)は芝を嫌って回避したため、残念ながら1992年のスタッシュ(Stash)以来の4冠達成とはならなかった。現在は4月2日にチリで開かれるGⅠラティーノアメリカーノ(ダ2000m - 3歳以上)を目標に調整されており、1月16日のGⅡシウダー・デ・リマ(ダ2000m - 3歳以上)で今年初戦に挑む。