top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ベネズエラGⅠ馬シャラポワが余裕の走りで中米古馬牝馬の女王に君臨

 12月11日、ベネズエラのラ・リンコナーダ競馬場で中米選手権コパ・コンフラテルニダー・エンブラス(ダ1600m - 3歳以上牝馬)が行なわれた。中米・カリブ海地域の最強古馬牝馬を決める戦いである。


12頭で争われるはずだったが、ベネズエラ代表のブレイヴヨール(Brave Yole)が取り消して11頭立てとなった。11頭中7頭をベネズエラ代表馬が占めた。残る4頭はパナマ代表が3頭、プエルトリコ代表が1頭となった。


 実績的にも地の利という点でもベネズエラ馬に分がある。GⅠ3勝の⑥シャラポワ(Sharapova)、重賞3勝の⑦セニョリータチェノーマ(Srta. Chenoma)の2頭が有力視された。



 スタート直後、パナマ代表の⑩ラグルー(La Grue)に騎乗していたルイス・アランゴ騎手が落馬し、競走中止となった。


 発馬の良かったパナマ代表の⑤モアホープ(More Hope)がハナを切ろうとしたが、内から③ラスーペルカット(La Súper Kat)が先頭に立った。その内からさらに①メローサ(Melosa)が前に出て先頭を奪い、前は4頭ほどが固まって進んだ。シャラポワとセニョリータチェノーマは中団に控えた。


 直線の入口でモアホープが先頭に立ったが、イラッド・オルティス騎乗のシャラポワがそれを楽に差し切ると、後続に5馬身もの差をつけて1着でゴール板を駆け抜けた。良馬場の勝ちタイムは1分36秒20。


 2着にはセニョリータチェノーマが入り、ベネズエラ代表馬によるワンツー決着となった。3着にはパナマのモアホープが粘った。


「信じられない成果である。自分自身でも絶好調だと思っている。1日4勝もあげれたし、子供のころから見ていたレースを勝てて夢が叶った。こんな機会を与えてくれたすべての人に、ベネズエラ国民に感謝したい。ベネズエラ、ありがとう!」と、中米選手権3連勝を達成したイラッド・オルティス騎手は叫んだ。中米選手権の他に4RのGⅠコンパラシオンも制しているため、これで1日4勝となった。



 シャラポワは父グレートハンター、母ダンスカードフィルド、その父クワイエットアメリカンという血統の5歳牝馬。2017年4月10日にベネズエラのロス・サマーネス牧場で産まれた。


 2020年2月29日にデビューすると、無傷の4連勝でベネズエラ牝馬3冠競走の1冠目GⅠイポドロモ・ラ・リンコナーダを勝利した。しかし、2冠目のプレンサ・イピカ・ナシオナルで2着に敗れると、そこから1年も勝ち星から遠ざかることとなる。


 2021年11月のハンデ戦で久しぶりに勝利をおさめて復活。12月12日にGⅠグスタボ・アビアを勝つと、今年9月25日のGⅠイピカ・ナシオナルでは無敗の3冠牝馬リンダカーター(Lyndacater)を破って勝利した。


 10月30日のハンデ戦を叩いてコパ・コンフラテルニダー・エンブラスに挑んだ。危なげない競馬で勝利をおさめ、見事に中米古馬牝馬の女王に君臨した。通算成績は22戦11勝(重賞6勝)。




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page