top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

中米最速スプリンターの称号はベネズエラ代表フトゥーロの手に

 12月10日、ベネズエラのラ・リンコナーダ競馬場でコパ・ベロシダー・デル・カリベ(ダ1200m - 3歳)が行なわれた。2022年中米選手権の開幕戦であり、中米・カリブ地域でもっとも速い3歳馬を決める戦いである。


 9頭が出走した。内訳は、ベネズエラ代表4頭、パナマ代表3頭、メキシコ代表2頭である。重賞勝ちの経験があるベネズエラの2頭、③ラセンサシオナル(La Sensacional)と⑦フトゥーロ(Futuro)にチャンスがありそうだった。


 ラセンサシオナルがハナを切った。2番手は4,5頭が横並びとなったが、レースが進むにつれて1頭、また1頭と脱落していった。


 直線では逃げるラセンサシオナル、2番手集団の生き残り⑥セニョールラモス(Señor Ramos)、中団からポジションを上げていったフトゥーロの争いとなった。これをホセ・オルティス騎乗のフトゥーロが外から内に切れ込みながら差し切った。良馬場の勝ちタイムは1分10秒20。


 3馬身差の2着にラセンサシオナルが粘り、ベネズエラのワンツー決着となった。さらに1 1/4馬身差の3着がパナマ代表のセニョールラモスだった。



 フトゥーロは父テンプルシティー、母ガーデンプリンセス、その父ディストーテッドヒューマーという血統の3歳牡馬。2019年3月20日にベネズエラのロス・カラカーロス牧場で産まれた。


 2021年11月28日のデビュー戦を白星で飾り、今年8月7日のGⅢマイ・オウン・ビジネスで重賞初制覇をおさめた。近2走は1800mのレースでどちらも4着に敗れたが、適距離に戻って本領発揮。見事に中米最速スプリンターの称号を手に入れた。通算成績は8戦4勝(重賞1勝)。1200m以下に限ればこれで4戦4勝と無敗である。


 鞍上のホセ・オルティス騎手はこれがベネズエラ初勝利となった。「中米選手権に参加する機会をもらえてとても感謝している。調教師のおかげで馬のコンディションは抜群だったし、道中も良いポジションを取れた。この馬に乗っていたハイメ・ルーゴ騎手からの助言もありがたかった。残り300mからの反応は素晴らしかった。ベネズエラのために勝てて嬉しい」と馬上インタビューで述べた。




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page