• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

イナダマスがGⅠラス・オークスを優勝、チリ芝路線の絶対女王に


写真:Haras Don Alberto(@HarasDonAlberto) https://twitter.com/HarasDonAlberto/status/1471981378376019969

 12月17日、チリのサン・イシドロ競馬場でGⅠラス・オークス(芝2000m - 3歳牝馬)が行なわれた。このレースはチリのオークスにあたる。


 GⅠナシオナル・リカルド・リオン(芝2000m - 3歳)、GⅠエル・エンサージョ(芝2400m - 3歳)と、牡馬を相手にGⅠを連勝したコンスティテューション産駒の⑦イナダマス(Y Nada Más)、芝とダートのGⅠをあわせて3勝したシーキングザダイヤ産駒の二刀流馬⑧ヴィータダマンマ(Vita Da Mamma)、GⅠポージャ・デ・ポトランカス(芝1700m - 3歳牝馬)でイナダマスを倒した超良血馬③キリキーナ(Kirikina)と、9頭立てながら好メンバーがそろった。


 ⑤ダンドアモール(Dando Amor)がハナを切った。2番手の外に⑨ススピラミアモール(Suspira Mi Amor)がつけ、その内にキリキーナが続いた。イナダマスは4番手、ヴィータダマンマはスタート直後に挟まれる不利もあり後方となった。最後の直線では内から抜け出した④ネヌファルアスール(Nenúfar Azul)を、オスカル・ウジョア騎乗のイナダマスが外からねじ伏せるようにして差し切った。良馬場の勝ちタイムは2分0秒57で、ドン・アルベルト牧場の生産・所有馬によるワンツー決着となった。3着には最内から必死に追い上げたヴィータダマンマが入り、キリキーナは4着だった。