• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

牝馬ネヌファルアスールが疑惑のチリ・ダービーを優勝


写真:ElTurf.com(@ElTurf) https://twitter.com/ElTurf/status/1490462806063284225

 2月6日、チリのバルパライソ競馬場でGⅠエル・デルビー(芝2400m - 3歳)が行なわれた。このレースはチリのダービーにあたると同時に、チリ3冠競走の最終戦である。


 今年は16頭で争われた。GⅠ3勝の牝馬⑨イナダマス(y Nada Más)が圧倒的1番人気に支持された。1勝馬ながら堅実な走りが評価された⑪ネヌファルアスール(Nenúfar Azul)が2番人気、ダートGⅠ2勝のシーキングザダイヤ産駒⑭ヴィータダマンマ(Vita Da Mamma)が3番人気と、上位3番人気を牝馬が独占した。4番人気には前哨戦のGⅡコパ・ジャクソン(芝1900m - 3歳)を勝ったガンベレッティ(Gamberetti)が入った。


 ダービーの直前にアクシデントが発生した。⑤タタンフォーエヴァー(Tatán Forever)に騎乗予定だったルイス・トーレス騎手が、腕の痛みを抑えるために医者から処方された薬を飲んだところ、アナフィラキシー・ショックと思われる症状を起こし、呼吸困難で病院に緊急搬送された。トーレス騎手は現在も人工呼吸器をつけられて入院しており、タタンフォーエヴァーはハビエル・グアハルド騎手に乗り替わりとなった。


 レ―スは⑯ススピラミアモール(Suspira Mi Amor)がハナを切り、ガンベレッティが2番手につける展開となった。イナダマスは中団からの追走。その後ろにネヌファルアスールが続いた。最後の直線では内のガンベレッティ、中央のイナダマス、外のネヌファルアスールの戦いに絞られた。ここで事件が起こった。まず、ネヌファルアスールが外から内に切れ込んでイナダマスとガンベレッティの進路を妨害。それに抵抗したガンベレッティが今後は内から外に斜行した。真ん中のイナダマスは内外両方から挟まれ、完全に進路を失って争いから脱落。2頭となった勝負は、ゴール直前でネヌファルアスールがわずかにガンベレッティを交わした。良馬場の勝ちタイムは2分27秒02。2着入線のガンベレッティは進路妨害により3着に降着、3着入線のイナダマスが2着に繰り上がった。


 ネヌファルアスールは父ルッキンアットラッキー、母ナディエコモエージャ、その父ロックオブジブラルタルという血統の3歳牝馬。2018年7月18日にチリのドン・アルベルト牧場で産まれた。


 2021年4月1日にデビューし、2戦目で初勝利をあげた。その後は主にGⅠ競走を使われ、勝ち星こそあげられなかったものの2着2回、3着2回と好走した。待望の2勝目が、2014年のソラーリア(Solaria)以来となる牝馬によるダービー制覇となった。


 鞍上のハイメ・メディーナ騎手は2011年アシュタール(Ashtar)以来となるダービー2勝目。管理するフアン・カビエレス調教師は1982年のマリンブラ(Marímbula)、1999年のバルガルデーナ(Val Gardena)、2003年のショービズ(Showbiz)に続いてダービー4勝目。生産したドン・アルベルト牧場にとっても1995年のプラディージャ(Pradilla)、2009年のアモールデポブレ(Amor De Pobre)、2019年のジャプリモ(Ya Primo)に続くダービー4勝目となった。


 しかし、悪質な斜行による決着にファンからは非難の声が出ている。つまり、ガンベレッティだけでなく、勝ち馬のネヌファルアスールも降着になるべきだったのではないかということである。競馬場ではネヌファルアスールに対して拍手ではなくブーイングが浴びせられ、「フエラ(Fuera)」、スペイン語で「出ていけ!」という罵声まで飛んだ。バルパライソ競馬場の公式 Instagram にも「泥棒」、「マフィア」、「最低の裁決」などと非難のコメントが多数書き込まれた。ドン・アルベルト牧場による優勝報告の投稿もコメントが制限されている。


 最大の被害者となったイナダマスに騎乗したオスカル・ウジョア騎手は自身の Twitter にて、「私はダービーを盗まれた。しかし、その中で最大限の騎乗をできたことは良かった。イナダマスは幾度もの衝突に耐えうる強いハートを持っており、転ぶことはなかった。無事に怪我もなく家にいられることが何よりも大事だ」と述べた。


 ダービーを制したネヌファルアスールの今後に関しては決まっていない。4月2日のGⅠラティーノアメリカーノにチリ代表として出走する道もあれば、イナダマスと共にアメリカに移籍するプランもある。




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.keiba-latinamerica.com/donation