• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

タピット産駒のローテーションがアルトゥーロ・ビダルの牧場で種牡馬入り


写真:Haras Il Campione https://www.instagram.com/p/CZ4cqX0MFTw/

 アルトゥーロ・ビダルが動いた。彼が運営するチリのイル・カンピオーネ牧場は、タピット産駒のローテーション(Rotation)を今年から種牡馬として導入する。2月12日に牧場の Instagram で発表した。


 ローテーションは父タピット、母フリースピン、その父オリンピオという血統の6歳牡馬。2016年2月7日にアメリカのウィンチェル・サラブレッズで産まれた。全兄にはアメリカ重賞を5勝したタピチャー(Tapiture)がいる。


 2018年9月12日にデビューし、6戦目で初勝利をあげた。2019年9月7日にはルイジアナ・ダウンズ競馬場で行なわれたGⅢスーパー・ダービーに出走し、2021年の年度代表馬ニックスゴー(Knicks Go)に先着して優勝した。その後は目立った活躍はなく、2021年6月25日のレースを最後に現役を引退した。通算成績は22戦3勝(重賞1勝)。


 ドン・アルベルト牧場のコンスティテューション、パソ・ネバード牧場のティズザロー、モシート・グアポ牧場のキングリーなど、チリではタピットの人気が高い。


■ GⅢスーパー・ダービー



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share