• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

チリで種牡馬をしていたディストーテッドエコノミーが死去


ディストーテッドエコノミー(Destorted Economy)
写真:Haras Lizzie https://haraslizzie.com/ejemplares-home?id_ejemplar=267401&tipo_vista=


 チリの競馬メディア『トドス・エン・エル・パルティドール(Todos en el Partidor)』によると、チリのリジー牧場で種牡馬として供用されていたディストーテッドエコノミー(Distorted Economy)が10月29日に亡くなった。15歳だった。


 ディストーテッドエコノミーは父ディストーテッドヒューマー、母ニューエコノミー、その父レッドランサムという血統で、2007年3月28日にアメリカのケンタッキーで産まれた。母のニューエコノミーは重賞2勝した。



 2010年2月20日にサンタアニタ競馬場でデビューし、7戦目でようやく勝ち上がった。現役時代の成績は11戦1勝だが、2010年のGⅡスーパー・ダービーで2着という実績がある。


 2010年10月10日のレースを最後に現役を引退し、翌年よりチリのリジー牧場で種牡馬入りした。チリ・スタッドブックによると、2022年10月30日時点で195頭の産駒がいる。うち88頭が競走馬としてデビューし、63頭が勝ち上がった。代表産駒には2017年のGⅠポージャ・デ・ポトランカスを勝ったプリンセサコケータ(Princesa Coqueta)や、重賞2勝をあげたヌーディス(Nuhdis)などがいる。


■ 2017年GⅠポージャ・デ・ポトランカス



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com