top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

チリの芝王者ラカタンが香港に売却、セントレジャーは回避


写真:Club Hípico de Santiago https://www.clubhipico.cl/sala-prensa/noticias/racatan-se-corono-en-el-clasico-el-ensayo-mega-2022/


 GⅠナシオナル・リカルド・リオン、GⅠエル・エンサージョとチリの3歳芝GⅠを2勝したラカタン(Racatán)が香港に売却された。『エル・クラック・チレ(El Crack Chile)』など、チリの複数のメディアが報じた。


 ラカタンは12月3日のGⅠセントレジャーに出走登録しており、有力馬の1頭と見られている。しかし、今回の売却によって回避が決まった。同時に、チリ3冠の夢も消えることとなった。



 ラカタンは父ルッキンアットラッキー、母マヒアパラトドス、その父ロックオブジブラルタルという血統の3歳牡馬。2019年8月6日にチリのドン・アルベルト牧場で産まれた。母のマヒアパラトドス(Magia Para Todos)はGⅢコパ・ジャクソンの勝ち馬である。


 2022年2月11日にデビューし、2戦目で勝ち上がった。3戦目のGⅢコテホ・デ・ポトランカスでは2着入線も、1着入線のフォルティーノ(Fortino)が斜行のため降着となり、繰り上がりで重賞初制覇を果たした。


 3歳初戦となった前走のGⅠナシオナル・リカルド・リオンでは、鋭い伸びでライバルのフォルティーノを4 1/2馬身差で倒してGⅠ初制覇を飾った。10月31日のGⅠエル・エンサージョも勝利し、GⅠ連勝でチリの3歳芝王者に輝いた。通算成績は7戦4勝(重賞3勝)。


 香港のルッキンアットラッキー産駒というと、2021年のGⅠチャンピオンズ&チャターカップを勝ったルックペン(Look Pen)・香港名パンフィールド(Panfield)が思い出される。また、先日チリから香港に移籍したビエホスティエンポス(Viejos Tiempos)もルッキンアットラッキーの産駒である。


■ GⅠナシオナル・リカルド・リオン


■ エル・エンサージョ



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page