top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

芝王者フォルティーノがダート最高峰のGⅠセントレジャーも優勝、いざ3冠へ


フォルティーノ(Fortino)
写真:Hipódromo Chile https://hipodromo.cl/hipodromochile/noticias-ver?id_articulo=1235012


 12月3日、チリのチレ競馬場でGⅠセントレジャー(ダ2200m - 3歳)が行なわれた。このレースはチリ3冠競走の2戦目であり、チレ競馬場4冠競走の最終戦にもなっている。


 芝のGⅠ馬ラカタン(Racatán)が香港に売却されて回避となり、今年は10頭で争われた。2歳芝王者でGⅠエル・エンサージョ(※ラカタンのドーピング失格によって繰り上がり見込み)の勝ち馬⑤フォルティーノ(Fortino)が2冠を目指して出走する。ダートは久々だが、GⅢ勝ちの実績があるので問題はなさそうだ。


 フォルティーノを抑えて2.80倍の1番人気に支持されたのが、カリフォルニアクローム産駒の⑦ワッポ(Wappo)である。重賞勝ちはないが、前哨戦のリステッド競走を8馬身差で圧勝して勢いがある。


 2歳GⅠタンテオ・デ・ポトリージョスの勝ち馬②エルオリエンテ(El Oriente)、GⅠ2000ギニーの勝ち馬でカリフォルニアクローム産駒の⑨クロミウム(Chromium)、GⅠグラン・クリテリウムの勝ち馬⑩ムバニク(Mbagnick)が人気の2頭を追う。また、3戦3勝の無敗の⑧ムファーサ(Mufasa)も不気味な存在である。



 好スタートを決めたフォルティーノが先頭に立つ気配を見せた。しかし、大外枠からムバニクが飛ばしてハナを奪った。2番手にはムファーサが続き、フォルティーノは内の3番手に控えた。


 残り400m地点でフォルティーノが先頭に躍り出ると、直線では4番手から徐々にポジションをあげていったワッポとの一騎打ちとなった。内外離れた2頭の争いは、オスカル・ウジョア騎乗のフォルティーノに軍配が上がった。良馬場の勝ちタイムは2分15秒50。


 フォルティーノから1 1/4馬身差の2着にワッポが入り、ワッポから9 1/2馬身も離れた3着が7番人気の⑥ザソー(The Thor)だった。人気が示したように、上位2頭の力が抜けていた。


「綺麗なレース運びだったと思う。良い走りができた。このような馬に乗れる機会を得られてとても幸せである。私を支えてくれた人全員に感謝したい」と鞍上のオスカル・ウジョア騎手は述べた。ウジョア騎手は2009年のクアンリンダ(Cuán Linda)、2013年のラヴリーオーシャン(Lovely Ocean)以来となるセントレジャー3勝目である。



 フォルティーノは父ミッドシップマン、母ファレーラス、その父フサイチペガサスという血統の3歳牡馬。2019年8月3日にチリのドン・アルベルト牧場で産まれた。


 2021年12月26日にデビューし、連勝でGⅢセレクシオン・デ・ポトリージョスを勝利した。3戦目は斜行により2着降着となったが、2歳時は6戦すべてで1着入線を果たし、GⅠアルベルト・ビアル・インファンテを優勝して芝の2歳王者となった。


 3歳時はGⅠポージャ・デ・ポトリージョス、GⅠナシオナル・リカルド・リオン、GⅠエル・エンサージョと3戦連続2着に甘んじた。しかし、エル・エンサージョの勝ち馬ラカタンがドーピング違反で失格となる見込みであるため、フォルティーノが繰り上がりで優勝になるだろう。


 今回は3月のデビュー2戦目以来となるダート戦だったが、世代の芝王者がダート最高峰のレースも難なく勝利して見せた。通算成績は10戦7勝(重賞6勝)。


 管理するフアン・パブロ・バエサ調教師と馬主・生産者のドン・アルベルト牧場は、昨年のニィケンセ(Ñiquense)に続いてこのレース連覇となった。


 勝ちタイム2分15秒50は、セントレジャーがダート2200mの開催となった1983年以降最速のタイムである。これまでは1990年にウルフ(Wolf)が出した2分15秒80がレースレコードだった。


 フォルティーノはこれでエル・エンサージョとセントレジャーのチリ2冠を達成することになるだろう。来年2月にバルパライソ競馬場で行なわれるGⅠエル・デルビー(芝2400m - 3歳)を勝てば、1991年のウルフ以来31年ぶり史上9頭目の3冠馬となる。




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page