top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

GⅠグラン・クリテリウムの勝ち馬ムバニクがアメリカに移籍


ムバニク(Mbagnick)
写真:Hipódromo Chile https://hipodromo.cl/hipodromochile/noticias-ver?id_articulo=1225823


 GⅠグラン・クリテリウム(ダ1900m - 3歳)で逃げ切り勝ちをおさめたムバニク(Mbagnick)がアメリカに移籍する。チリの複数の競馬メディアが報道した。


「現馬主であるパオーラの所有のままアメリカに移籍する。アメリカに行くのが馬にとって最善だという結論に至った。アマドール・サンチェス調教師の管理馬となり、カリフォルニアで走ることになるだろう。怪物的な馬とは言えないが、非常に良い馬であるのは間違いない。1600mから1800mの距離で活躍してくれると思う。チリでの夢は終わったが、アメリカでの夢は始まったばかりだ」と、馬主の1人であるアドルフォ・イルマス氏は述べた。



 ムバニクは父プラクティカルジョーク、母ベルクンダ、その父パワーズコートという血統の3歳牡馬。2019年7月26日にチリのパソ・ネバード牧場で産まれた。半姉にGⅢを3勝したベネッリ(Benelli)がいる。


 2022年3月14日にデビューし、2戦目で勝ち上がった。その後はチレ競馬場4冠競走に進んだ。GⅠタンテオ・デ・ポトリージョスでは3着、GⅠ2000ギニーでは7着だったが、GⅠグラン・クリテリウムでは5番人気ながら2着に3 1/4馬身差をつける鮮やかな逃げ切り勝ちをおさめた。


 チレ競馬場4冠最終戦となる前走のGⅠセントレジャー4着がチリでのラストランとなった。通算成績は7戦2勝(重賞1勝)。


■ GⅠグラン・クリテリウム



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page